FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S20 #12 「父の遺産」

2019 · 08 · 06 (Tue) 09:08

Law&Order SVU S20 #12 「父の遺産」

ギャビンとエイプリルの夫婦が長旅から帰国、エイプリルが洗面所でヘアブラシを探していると、突如スキーマスクをかぶった男に襲われ、寝室に連れ込まれる。エイプリルは必死でギャビンに助けを求める。
駆け付けたSVUにエイプリルは、ベッドに連れ込まれ、縛られてレイプされたと証言。一方夫のギャビンはうつぶせのまま縛られ、背中に皿を積み重ねられていた。ギャビンは男に、動いたらエイプリルを殺すと脅されていた。夫婦の留守中に、アパートの玄関のドアノブが取り換えられていた。そして部屋の壁には、NYPD 0勝、∞ 23勝と書かれていた。ベンソンは無限レイプ犯インフィニティが25年ぶりに活動を再開したことに気づく。
インフィニティによる事件はは81年~94年にかけて22件で、最後は94年1月2日だった。インフィニティはカップルを狙い、事前に窓化ドアを壊して侵入、男性を縛って背中に皿を乗せ、女性を犯していた。5件目からは壁に署名をするようになっていた。犯人のDNA情報は残っていない。ストーンは過去のインフィニティ事件を調べているうちに、父のベンが担当していたことを知る。
エイプリルはベンソンに、犯人に「黙れ。」と言われて口をふさがれたが、金や宝石は取られておらず、ヘアブラシがなくなっただけだと話す。
ストーンとカリシは、さらに過去の事件の資料を調べていく。するとベンの最後のメモは亡くなる1年前の2017年で、合わせてストーンが7歳ごろ、ベンとキャッチボールする写真が出てきた。
今回の事件はインフィニティではなく、模倣犯に因るものと考えられた。25周年記念で、ファンが模倣したのだろう。ファンが作るインフィニティのHPを、リアルインフィニティ23が2時間前に更新していた。SVUはリアルインフィニティを名乗るカール・パットンの自宅を捜索、カールを逮捕する。
カールはインフィニティの作法に乗っ取ってエイプリルをレイプしており、最後のレイプから25年を祝う計画を立てていた。そして本物のインフィニティからベンに宛てた手紙を持っていた。
インフィニティの本を執筆したクレア・ニューベリーが、ストーンに会いに来る。クレアは当時ベンから話を聞き、今回はカールを取材しようとしていた。クレアはストーンに話を聞こうとするが、ストーンは父と事件について話したことはないと断る。
インフィニティの手紙は、NYPDに届いたものと同一人物の筆跡だった。1988年6月、ストーン7歳の頃、ベンは息子は野球の才能があると言っていた。その時の親子の写真をインフィニティは撮っていた。ストーンはその夏叔母の家に預けられ、ベンが迎えに来なかったことを覚えていた。ベンはストーンを守りたかったのだろう
クレアがカールにインタビューを行う。インフィニティは生きていれば60歳だ。だから自分が新しいインフィニティになったとカールは話す。

クレアが自宅でレイプされ、夫の背中に皿が積まれていた。インフィニティ 23勝。新たな模倣犯か、本物が復活したかだ。クレアは犯人は年配者で、本物のインフィニティだと主張する。インフィニティは突然現れ、調べたとおりの動き方でレイプしてきた。
カールが持っていたベンに宛てた手紙からは、何も検出されなかった。手紙はロウアーイーストサイドの骨とう品店で入手していた。
フィンとカリシが骨とう品店を調べると、30年前にNYPDの盗品を転売していたことが判明する。他にもインフィニティに関する品物が出てきて、手紙に貼られていた切手についていた唾液から、DNAが検出できた。カリシは密かにDNAを家系図ドットコムで調べ、インフィニティの親族のエイミーがブルックリン在住の女性であることを突き止める。
エイミーの両親は亡くなっていて他の家族もいないが、母の兄のエドガー・ヌーン 68歳が存命だった。SVUはエドガーを逮捕する。
法廷では令状なしでのDNA収集はプライバシーの侵害だと指摘され、エドガーは保釈される。カリシはエイミーと話し、エドガーはよく面倒をみてくれた。エイミーの祖父はアルコール依存症で、夜母と叔父を部屋に閉じ込め、祖母をレイプしていた。祖母は二人にその話をしていたようだ。
エドガーにとってベンは理想の父親だったのだろう。インフィニティはベンに「父の日おめでとう」というカードを渡していた。ストーンは父の思い出を語りながら、エドガーから自白を引き出す。

ベンがストーンとキャッチボールをしている写真が出てきますが
L&O本家の放映が始まったのは90年からですから
時系列では放映前の事件ということになります。
本家に野球の得意な息子の話ってあったっけ??
野球が好きなのはストーンよりカッターさんのイメージなんですけど。
ともあれストーン父の話題が登場すると
本家ファンは嬉しくなります。
マッコイさん、カッターさんとはまた違った魅力がありました。

インフィニティ事件はゴールデンステイトキラーと言う
実際の事件がモデルになっています。
その事件を取材し執筆したジャーナリストもおり
HBOでドラマ化されるようです。

ノアはストーンとキャッチボールを楽しみ
明るい表情にベンソンも落ち着きます。
ノアが僕のパパはどこと言い出し
ベンソンはいずれ事実を話そうと考えていますが
今はストーンコーチが父親の役割を果たしてくれそうです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-06

Comments







非公開コメント

ストーンの息子

Garotoさん、お久しぶりです!

>本家に野球の得意な息子の話ってあったっけ??
全然 記憶にないですね~。
ただ、先日 たまたま本家の古いものを見直していたら、グリーン弁護士(元気な黒人女性)がベンに「あなただって娘がいるんだから分かるでしょ?!」と言っているところがありました。ちなみに、このエピのゲストはHomelandのヒロイン。若いころは綺麗で可愛かった!

ベンのプライベートで気になって憶えているのはOzのデブリン知事がゲストで登場したエピです。覚えていらっしゃるかな? 真犯人のくせに上手く保釈されて、今度はベンを悪意訴追かなにかで訴えます。で、ベンに離婚歴があって、いくらお金がかかったかまで突きだす。
ピーターとお姉ちゃんは奥さんが連れて出て行った子供なのかと思っていました。それとも再婚相手との子供で、一緒に暮らしていたのか? その辺はサッパリわかりません。

ところで、ピーターはいやにベンソン母子に接近してますね? オリビアに対して下心(!)があるんなら理解できるけど、あまりに善人というのはどうも。。

私の究極の夢はオリビアとボイト(!)が結ばれることなので、ピーターはあんまり出しゃばらないでほしい(笑)。



2019-08-07-15:59
Wao [ 返信 * 編集 ]

Garoto To Waoさん

Waoさん 本家情報!ありがとうございます。
ベンの娘の存在は本家でも伝えられていましたか。でも息子には触れられてなかったんですね。
ピーターが離婚して母親と暮らしていたなら、たまに野球を通してのかかわりが父親との思い出になるのも分かる気がします。そして父と同じ道を進んだから話をすることはあったとしても、案件については守秘義務を守ってたようだし、親子関係結構ドライだったのかななんて思います。
それにしてもデブリン知事!いつの時代も面倒なキャラですね。今は「マダム・セクレタリー」で姿を拝見してますが。

ピーターはベンソンには若すぎるでしょ(笑)そしてボイトとベンソン、パワフルすぎる!!(爆)
2019-08-08-08:17
Garoto [ 返信 * 編集 ]