FC2ブログ
Top Page › ER › ER「こちらとあちら」

2006 · 07 · 18 (Tue) 21:09

ER「こちらとあちら」

ERも本当にネタ切れですかねぇ。
突然ガラントにも驚きだし、あまりに奇を衒い過ぎ?
結局カーターもアビーも出てきませんでした。

イラクの戦地で働くガラントとERで働くニーラの仕事ぶりが
同時進行で流れていきますが
すっかり自信を持って適切な処置を行い
たくましくなったガラントに対し、
ニーラは医学生を同伴させることになっても相変わらず自信がありません。

ニーラとガラントがコンタクトを取り続けていたというのにもビックリでしたが
しばらく音信不通状態だった二人が
意外な展開で堂々と再びコンタクトを取る事ができました。

しかしこれがいかにもアメリカ万歳な展開で・・・
戦地で厳しい戦いを続けている兵士たちの様子を
ドラマを通して伝えるのは必要なことだと思いますが
トラックの爆破に巻き込まれたイラクの少女の
皮膚の火傷の移植手術をするために
本当に当局は動いてしまうのでしょうか?
ベットを明け渡せと言ったガラントの上官の考えは
冷酷すぎるように思えてももっともだし、
それに対しガラントが必死に少女を引き取ってくれる
病院を探すところまではわかります。
たまたま好事情もあって
ガラントはERに連絡を取る事ができましたが
野戦病院で亡くなっていく兵士たちもいるのに
イラクの少女を飛行機で
それもガラントとセットでシカゴに送るのにOKが出るなんて・・
どうもアメリカは頑張ってます的美談を吹聴している気がして
素直に受け取れませんでした。
おまけに少女は「こっち側の人間」
もし「あっち側の人間」だったら罪のない子供でも
放置しておくんでしょうかね。
(ちょっと皮肉も出てたけど)

ガラントを信じたニーラは一線を越えることもなく
二人はしみじみと手紙を読んでいました。

そして次回予告
ネタバレしすぎです!
予告で確信に触れないで欲しいんですけど・・・ブツブツ。

おまけ:
The Guardianのジェイクがまた懲りずにゲスト出演(笑)
今回は弁護士かどうか謎でしたが、腰痛は大した事ないと追い返されました。
しかしあの赤い手袋はいったい?
彼は来週も出てくるようで
やっぱり腰が痛くなっちゃうのかな?

モリス君はあまりに一瞬の登場で、悪さをせずに済みました(苦笑)



スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

いやあもうgarotoさんに全く同感ですよ。アメリカ
礼賛エピかい?!USAはたとえ敵国であっても
人命を救うためには万難を排して尽力しますってか?
いっそのことガラント側だけで話を作ってもよかった
のではないでしょうか。そりゃ確かにニーラとガラント
の間に心通うものがあったということは以前のエピで
描かれていたとはいえ、突然「マイケル‥ぽっ(照)」
みたいなのやられてもねぇ。視聴者の見ていないところ
で二人は友情(愛情)を暖めていたのね、はいはい。
2006-07-18-22:01
atsumi [ 返信 * 編集 ]

話が出来すぎ・・・

野戦病院ストーリーが途中からどんどん美談になってきちゃって
話が上手すぎる・・・ってしらっと観てしまいました。
ガラント君、こんなにあっさり帰国できていいんですかね。
そしてルカにお熱?だったニーラも
実は密かにガラントだったわけだ
って突如話を振られても・・・
アビーの恋愛物語が中断したのが救いでしたか(苦笑)
2006-07-19-19:44
Garoto [ 返信 * 編集 ]