FC2ブログ

9-1-1 S2-#16 「Bobby Begins Again」

ボビーが呼び出されて隊長の任務を解かれる??
ミネソタでの事故から現在に至る
ボビーの人生、消防とのかかわりが描かれます。

自分が目を離したすきにアパートに火が燃え広がり
妻子が焼死した事故。
S1でも描かれていたけれど
さらに詳細が分かってきます。
妻メアリーは搬送されたときは生きていて
病院でボビーの声を聴いて亡くなったんですね。

ボビーは断酒会に通い
自分が犯した罪を償おうとしていきます。
現場検証の結果、アパートのスプリンクラーの水栓が閉められていて
火災はボビーの過失ではないことも判明します。
デスクワークをしていたボビーだけどもう一度現場に出たいと思い
異動願を出してLAの118分署に異動します。

隊長が次々に代わる118分署では
今度の隊長はどこまで持つのか興味津々。
そして早速LAならではの不思議な事故の救出に
ボビーもかかわっていくことになります。
闘鶏用の鶏が飼い主を傷つけた事故で
駆け付けた警官がアシーナでした。

営業時間が終わったレストランで起きた火災
父と息子が建物の中に残っているので
まず救出活動を行いますが
隊長の命令に従わずに現場に入っていったサルに
ボビーは後程解雇命令を出します。
実際には解雇ではなく異動という処置でした。
さらに火災の原因に疑問を感じたボビーは
現場に戻ってアシーナと調べているうちに
原因は父親による放火であることに気づきます。

ボビーが118分署をまとめていく過程。
自分が罪を償うためにどうすればいいか
教会で神父さんと話しながら
自分のできることを行うことを決意。
もともと料理の得意だったボビーは
戻ってきた隊員たちに食事を用意し
家族のようなチームの絆が高まってきます。
だから118分署はいつもおいしそうなものを食べてるんだね。

トミーの異動が決まり
代わりに入ってきたのがバック。
これでS1開始時のメンバーがそろいました。
そうして現在。
ボビーがミネソタ時代のことを隠していた件で
お咎めを受けている状態ですが
その後の実績を拝領して許してもらえないのかな。
立派な隊長なんだし。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ