FC2ブログ

Chicago P.D. S5-#18 「二度目の潜入」

Fireではブラインドデートすることになってたドーソンですが
実際には潜入中じゃないですか。
FireとP.D.の時差がどうも理解できないんですけど、それはともかく。

ドーソンは麻薬流通組織に潜入中。
取引場所で待っていたら銃撃戦が起き
覚せい剤を載せたトラックは強奪されてしまいます。
撃たれて倒れていた男は
かつてヘイリーが潜入していた組織のメンバーのスコットだったので
ヘイリーは組織のボスのブースを捕らえるために
二度目の潜入を試みることにします。

でもヘイリーは前回の潜入で
ブースにぼこぼこに殴られて顔が腫れあがったし
ヘイリーを助けてくれた男は殺害されたようだし
命懸けなのは確か。
だけど正体はバレていないので
ヘイリーはスコットの葬儀のときに潜入名ケリーに成りすまし
ブースと再会します。
メンバーのタイラーもヘイリーとの再会を喜んでいます。

ヘイリーは危険を承知でブースのオフィスに監視カメラを仕込んだり
取引相手のハルステッドを紹介したり。
ヘイリーは堂々としたものだけど、ボイトの指示なく勝手に動くので
ハルステッドはヒヤヒヤし通し。
それでもなんとかブースを信用させ、覚せい剤の取引へと持ち込みます。

しかしブースも慎重でハルステッドを一目の付かないところへ連れて行くなど
困難が伴います。
駐車場での取引では、特捜班が配置についている中で取引が始まるものの
ブースが二人の正体を見破りヘイリーと1対1のバトルに。
前回は辛い目に遭ったヘイリーでしたが全然負けておらず
ハルステッドが止めなければブースを叩きのめしていたでしょう。
ヘイリー強すぎる!
こうしてヘイリーはリベンジを果たしたのでした。

ブース役はBoschのTitus Welliver。
SVUのS20、シーズン終盤に何話か登場するようですが
どんな役どころなのでしょう。
そしてどうでもいい情報だけど?
オリンスキー役のElias Koteasと
生まれた日が1日違いなことに気が付きました。
オリンスキーの方が1日だけお兄さんです(笑)
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ