FC2ブログ

Code Black S3-#6 「通るべき扉」

山火事が起き、ウィリスとロックスはすぐに現場へ向かうと
キャンプをしていた父親が、息子が行方不明だと訴えてきます。
負傷している父親をすぐに病院へ搬送したいけれど
父親はどうしても息子を探したいと言い張り、しばらく一緒に捜索します。
でも状況が悪化しているので捜索をウィリスたちに任せることに。
二人が探していると風と共に炎が迫ってきて
二人は防炎シートの下に隠れて必死でその場をやり過ごすことに。
不安を感じるロックスにウィリスは弟の書いた詩を聞かせます。
しばらくして二人は救助隊に発見され
また歩いていくと山小屋を発見。
もしやここにと思って近づくと、中に息子が隠れていました。
ウィリスは炎の中で息子を助けます。
息子は治療を受けていた父親と再会。
本当に良かった!けれどやっぱり救命士は命がけですね。

山火事では腕を負傷した消防士も搬送され
彼女の父親が消防本部長で娘のことが気になって仕方なく
ロリッシュの処置にまで文句をつける始末。
結局無事に手術が終わり、いずれは職場復帰も可能となりましたが
娘の方がよっぽどしっかりしている感じ。
消防士は逞しいです。

刑事を死亡させた件で訴えられているエリオットは自信喪失。
山火事で搬送された父親の処置でも
診断はするものの実際にはアヴィラがかかわります。
挙句の果てに手術室のキャンベルのところまで指示を求めに行き
患者から離れたとロリッシュに怒られます。
もう少し様子を見てきちんと働かなければクビになりそう。
いつの間にかエリオットよりアヴィラの方が役立ってるし。

末期がんの元医者は延命拒否をしていましたが
アリエルはそれを知らず心停止したその患者に心マを行い
回復させてしまったのでマリオに怒鳴られます。
アリエルは知らなかったから無理ないし
元医者もその理由を語ってくれたからよかったけれど。
ちょうどアリエルの養子縁組についてロリッシュの面接に来ていた担当者は
アリエルの働きぶりに驚いていたものの
娘を病院で手伝わせてはいけないとロリッシュに伝えます。
だがアリエルは医者になりたいと決意を固めました。

ウィリスの父が訪ねてきて
弟の家をどうするか考える時が来たようです。
ウィリス父はThirtysomethingのマイルズだったんですね。
おじいちゃんになっちゃたな・・・としみじみ。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ