FC2ブログ
Top Page › Chicago Fire › Chicago Fire S6-#18 「接収」

2019 · 09 · 27 (Fri) 19:47

Chicago Fire S6-#18 「接収」

出動命令が出たと思ったら51分署は戻るようにまた指示が入り
その合間にいきなり何台もの車が到着。
乗っていたのはFBI捜査官たちです。
スコビル捜査官のパートナーを殺害した極悪犯が逃亡。
犯人の兄弟が署の向かいのアパートに住んでいるので
きっと来るから捜査官たちは51分署に待機し
犯人が来たところで逮捕するという魂胆です。
FireとP.D.の協力はしばしばあることだけど
FBIとの協力はあまりないよね。
P.D.だって合同捜査は難しい状況になるときもあるし。

でも本部もOKを出したので従わねばならず
51分署の署員たちは出動できなくなってしまいます。
なんらかの突破口を開くために
ケイシーとセブライドは同じアパートに住む子供の救出に関わったことがあるため
その子の様子を見に行くという前提でアパートを訪ねます。
そして父親に話を聞きながら、セブライドが兄弟の部屋の前をうろついていたら
本人が顔を出してきたのでとっさに消火器があるか尋ねます。
犯人が訪ねてくるだろうと目星は付いたけど
その家には妻子もいるし、いきなり突入は難しい感じです。

その後犯クルースが数学の勉強を見てあげる約束をしていたティーが
署内に入れなくなってしまったのでレンガを投げつけてきて
FBIが過敏に反応。
すると本当に犯人もやってきてアパートに入ってしまいます。
チャンスを逃したことでイラっとしているFBIに
ケイシーは消防士は怪しまれずに入っていけると提案。
先ほど訪ねた父親に非常ベルを鳴らしてほしいと頼むと
捜査官が消防服を着て久々にオーチスの運転で
アパート前に到着します。
火災だと伝えて住民をどんどん避難させ
最後は犯人の兄弟の部屋に。
ちっとも出てこないのでセブライドがドアをぶち破ると
銃を構えていた犯人たちが現れ、セブライドとケイシーを人質に取ります。
そして外へ出てきますが
構えていた捜査官たちが一斉射撃。
犯人兄弟は射殺されました。
とりあえず一件落着です。

セブライド父母がよりを戻すと言い出し
セブライドは不機嫌に。
ベニーが署に来ると
また同じことの繰り返しになるとセブライドはブチ切れます。
結局ベニーはジェニファーのもとを去ることに。
ジェニファーは寂しそうでしたが
セブライドはジェニファーのことを思ってベニーに抗議。
それをベニーは受け入れたのですね。

ジェニファーってNYPD Blueのラッセルだったんですね。
ラッセル大好きでした♪
さすがに年月が経ってイメージが変わってしまったけど
クールな姿は健在です。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-27

Comments







非公開コメント