FC2ブログ

Chicago P.D. S5-#22 「目撃」

ボイトはウッズにもしもビンガムを殺害したのがオリンスキーではなく自分だったらと
自白をする代わりにオリンスキーを釈放させるよう取引します。
ウッズは同意し、オーシャを呼んで証言を録音しようとしたところ
ボイトの携帯に連絡が。
ボイトは病院へ急行します。

オリンスキーの手術が行われ
特捜班のメンバーは無事を祈りながら待ち続けますが
オリンスキーは助かりませんでした。
ボイトは何としても犯人を見つけ出すと宣言。
拘置所に乗り込んでいきます。

所長に捜査本部を作らせろと命令すると
監視カメラ映像をチェック。
オリンスキーが刺されたことを報告した看守のディーツに話を聞くと
オリンスキーを送って電話が入った隙に刺されたと証言しますが
監視カメラを見たところディーツはオリンスキーが刺されたとき
陰に隠れて様子をうかがっていたことがわかります。
さらにディーツの口座に大金が振り込まれていることも判明し
ディーツは買収されていたことを白状します。
さらにオリンスキーを刺した囚人もボイトの手でぼこぼこにされ
彼らをコントロールしていた男が明らかになります。

とにかくボイトの脅しが容赦なしなので
ドーソンは抑えようとするけれど効果なし。
ブチ切れボイトには静かに従うしかありません。
男のアジトを見つけたボイトは男を追いつめ
男が金を渡すから命を助けてくれと懇願するけれど
ボイトはオリンスキーのリベンジをしなければ気が済まないので
さっさと男を撃ち殺してしまいました。
ドーソンらには男が銃を抜こうとしたからと説明したものの
近くに目撃者がいて、男は許しを請うのを見たと叫んでましたが。
ボイトは本部にもそのように報告します。

一方ウッズはビンガムが殺害される前に
ビンガムとボイトが接触しているのを見たという女性の存在を知り
証言を要求します。
女性は金がないからとその見返りに金を欲しがり
ウッズはまず要求額の半分を女性に渡しますが
証人を買収したことをボイトやオーシャが知っていて
ウッズはその場で逮捕されます。
この勝負はボイトの勝ち!
女性はボイトとオーシャが用意していた目撃者でした。

しかし長年の友人で心の支えだったオリンスキーを失ったボイトは
一人叫び、嘆きます。
この先一人でやっていけるのかな。
ウッズを追い出すことには成功したけれど
この先、S6は大丈夫なのでしょうか。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
wao  

Garotoさん、こんばんは。

やっとウッズを撃退してホッ!ですが、危なかった!!! 
オリンスキーが刺されたという知らせがあと30秒遅かったったら、ボイトは正式に自白してしまうわ、オリンスキーは死ぬわで、目もあてられない惨事でした。

オリンスキーを失ったボイトの孤独や絶望も心配ですが、柵のそとで叫んでいた二人の目撃者の存在もS6まで引きずりそうで困ったもんですね。そして、噂によるとアントニオはS6で降板とか。

ウッズの後釜はもう要らないから(笑)、オリンスキーやアントニオの穴を埋める人は相当存在感のある人を探してきてほしいなぁ。

2019/10/07 (Mon) 21:16 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
To waoさん

どんな幕引きになるのか心配でしたが、とりあえずウッズが消えてくれたのはありがたかったです。
しかしオリンスキーを救ってほしかったです。
キャストの降板は中の人の都合とかもあるけれど、静かに退職とかできなかったのかな。
S6でボイトが落ち着きを取り戻すといいけれど、さらに危険なオヤジになってしまったらどうしよう。
助っ人に期待したいです。
ドーソンは兄妹で降板することになっちゃうんですね。
この先何が起きるのか、寂しくなります。

2019/10/09 (Wed) 20:00 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ