FC2ブログ
Top Page › Cold Case › Cold Case「ボス」

2006 · 07 · 24 (Mon) 20:31

Cold Case「ボス」

1968年の刑務所脱走事件に関わるお話。

1968年1月13日、ジョニー・キャッシュが
カリフォルニア州立フォルサム刑務所でレコーディングしたアルバムが
「At Forsom Prison」ですが
キャッシュは62年に初めてここでライブを行い
囚人たちと一体化し感動を与え、囚人からも多くのファンレターをもらって
ぜひここでライブレコーディングをと
実現に6年かかったものの刑務所ライブのアルバム化を実現しました。

という事実があってのエピソードなので
音楽はすべてジョニー・キャッシュ。
カントリーはよくわからいので、なんともコメントできずにいますが
ジョニー・キャッシュといえば「Dr.Quinn」のキット・コール。
やたらと存在感のあるオヤジのイメージが染み付いています。

そのジョニー・キャッシュ刑務所ライブレコーディングの日
また別の刑務所で脱走を遂げて失敗した男がいた。
敷地の外で白骨死体として見つかったのは
囚人服の認識番号からハンク・デンプシーだとわかる。
だがハンクは病死して火葬されたという記録が残っていた。

OZとPrison Breakが合体したような話だけれど
さすがに40年近く前の刑務所はのんびりしています。
署長のリンチは存在してたものの囚人たちは仲良しだし
外へ出るためのトンネルもきっちり掘りあがっていました。
ハンクは靴を盗んで2年の刑だったのが
恋人ボビーに会うために何度も脱走して刑がどんどん伸び
それでも懲りずに脱走にトライしています。
また脱走できちゃう警備の甘さが不思議なんですけど。

脱走常連ハンクは署長のリンチを受けてボロボロになってましたが
仲良しのジョニーは先に刑期を務め上げ釈放されます。
ジョニーはその後殺されたことになってましたが
その記録は見つかりませんでした。
詳しく調べていくと白骨死体はハンクではなくジョニーだったのでした。
真相をボビーが語ります。
ライブのあった日、囚人たちは食堂に集められていて
抜け出すには絶好の機会でした。
ジョニーとボビーはハンクが出てくるマンホールの前で待っていますが
ジョニーは密かにボビーを自分の物にしたいと思っていました。
なかなかハンクが出てこないのでジョニー、そしてボビーが中に入っていきます。
そしてハンクと出会ったところでジョニーの爆弾宣言
バトルになってジョニーは倒れ息絶えてしまいました。
ハンクとボビーは逃亡。
ハンクは名前を変えてボビーの夫となっていました。

せっかく堂々と出所できたのに
ムショに戻りかけて死んじゃったジョニーはなんともお気の毒。
しかし、またいなくなったから病死で火葬は
刑務所の怠慢なのでは?
その気になって探せばハンクを見つけ出すことはできたでしょう。
ボビーが真実を話したとき、ハンクはまた姿を消してましたが
脱獄&脱獄を助けた罪で
この夫婦も刑務所送り(戻り)ですよね。
今度こそハンクは捕まるのでしょうか?

先週のエピもそうだけど
事件の経過に伴う当事者たちの
苦しみや葛藤などが伝わってくるのは面白いんだけど
で結局どうなったのか、
最後まできっちり描いてもらえないのに不満が残ります。

ハンク役の俳優さんは知らない人でしたが
声が平田さんだったのでどうもカーター君が喋ってる気がしました。
そしてボビーはOZではカーク母だったRoxanne Hart。
さすが一筋縄じゃいかないです。
ビックリしたのがお気の毒ジョニー。
いつもはCSI:NYのラボにいるチャド君じゃないですか。
ラボの外に出たら刑務所で死んじゃったなんて(泣)
次はもう少し明るい役を是非。
でもチャド君とは違った姿を楽しめてよかったです。


スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

カーター君だった。

こんばんは。
あ~カーター君の声だった・・・どっかで聞いたけどだれだ??と最後まででてきませんでした。

ジョニーはまぁ自業自得というか裏切り者だけど・・・最後あの二人はお咎めなしなんですかね?やっぱ。いや・・・脱走って罪にならないの・・と。てっきり逮捕シーンがあるとおもったらなんかボートのシーンで終わってしまったし。どうなんでしょうね?

2006-07-24-21:34
カイリー [ 返信 * 編集 ]

またはCSI:NYのダニー声だったんですけど
最近はERしか観てないからやはりカーター声ですね。

脱走は絶対罪ですよ。
でなきゃ「Prison Break」がドラマにならなくなっちゃう(爆!)
時効がないんだし
やはり最後までしっかりとけりをつけてもらわないと
なんか納得できません。
2006-07-25-19:13
Garoto [ 返信 * 編集 ]

TBさせていただきました。
ボビーはカークのママでしたか。つくづく犯罪者に縁のあるお方なことで。
ボビーが「私達は捕まらない」みたいなこと言ってましたが、事件が起こったことを知られなければ時効のようなものが成立するのでしょうか。
あの場にリリーがいたにもかかわらず、二人でボートですからね。
2006-07-25-23:04
yasishi [ 返信 * 編集 ]

さすがにママでした

ムカダをパニクらせたカークママ
ここでも脱走は犯罪だと思ってませんからね。
どこに行ってもこの調子で頑張ってしまうのでしょう。
二人でボート、本当にあのままでいいのでしょうか?
TBありがとうございました。
2006-07-26-19:53
Garoto [ 返信 * 編集 ]

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コールドケース2-4「ボス」
閉鎖された刑務所の敷地から囚人服を着た男の遺体が発見される。 囚人番号からハンク・デンプシーと見られる。 ハンクは脱獄の常習者。恋人に会いたい一心で。 刑務所に行く元になったブーツ泥棒も恋人ボビーのため。 そのため元は2年だった刑期が延びてしまう。 そしてと …
2006/07/25 22:57 newささくれた日々