FC2ブログ

New Amsterdam S1-#3 「ラスト5分の決意」

3話目で院長のフルトン登場。
これまたドラマでおなじみのRon Rifkinが演じていました。
マックスが心臓外科医を解雇して院内改革を行ってることに
いきなり解雇!を突きつけますが
マックスが成果を上げることを約束して解雇は取り消されます。

墓場で素っ裸になって墓堀りをしていた男性が運ばれ
恋人が死んだと嘆き、自分は痛みを感じず透明だと言い出しますが
恋人は死んでいませんでした。
その男性は自分が死んでしまったと思っていたようで
遺体に注射する防腐剤を打った形跡があり
病院の中でも脱走してモルグにいたり
おかしな行動は腫瘍のせいでした。
こんなときはフロムとカプールのナイスなオヤジコンビが
原因の解明と治療に当たります。

刑務所から運ばれてきた妊婦はすぐに出産させる必要がありますが
本人は今産んだら子供を里子に取られてしまう。
もうすぐ出所できるからその時産みたいと頼み込みます。
でもそうはいかず出産することに。

そしてジョージアの退院が決まり
実家に帰って出産すると言い出しますが
それではマックスはジョージアや胎児の成長の様子が見られず
でも最後にジョージアはマックスと一緒に出産を迎えることに同意します。
そしてマックスも自分の病気の治療を始めることにします。

まだ3話目だけど、他の医療ドラマと比べると
ここが売り!という個性がもう一つ見えてこない気がして。
Medはシカゴシリーズの一つということで
キャスト一人ひとりを丁寧に描きつつ
FireやP.D.とのかかわりがお楽しみです。
Code Blackはあの忙しすぎるERでの緊迫感に
夢中になって観てしまいます。
そしてThe Residentは嫌味なベルがすっかりいい人になってしまい
病院vs医療機器メーカーでドラマが進行してきました。
ついにクオバディスを葬り去ってけで
まだこれで終わりはしないんだろうな。

それぞれのドラマにそんな個性があるのと
どのドラマでもインターンたちが失敗しながらも頑張る姿が印象的です。
でもこの病院にはあまり新人ドクターがいないようで?
これから現れるのか、それともドクター養成はしていないのか
今後分かってくると思うけれど
New Amsterdamならではの個性を楽しませてもらいたいなと思っています。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ