FC2ブログ

New Amsterdam S1-#6 「アントロポセン」

カオスな医療ドラマを観続けている中で
これが一番穏やか?
っていうかあまり院内のシーンがないのはどうなんでしょう。

メインが病院の資金集めのためのパーティーで
新ディレクターのマックスが演説するはずの展開だったから仕方ないんだけど
当の本人は演壇に上がろうとするとドクターから病院に連れ戻されてしまい
全然役立っていません。
スポンサーが不振がっていたらそこをジョージアが上手くフォロー。
マックスは患者のために奮闘していることを伝えます。
その結果寄付金の目標額は達成されます。

パーティーでブルームはレイノルズと破局したことを愚痴りまくり
フルトンにも噛み付いてたけどそれでいいのかな。
フロムはパートナーと子どもたちとパーティー会場で両親に会うことになっていて
子どもたちはジジババに会えるのを楽しみにしていたけど
家族を認めていない両親は結局現れず・・・
それでフロムのパートナーってMike Doyleなんですね。
彼も各種ドラマに登場するけれど
やっぱりSVUのオハロランの印象が強すぎる!
フロムと養子に迎えた子どもたちと
素敵な家庭を築いているようで安心したけど
親に認めてもらうのは難しいんだね。

病院の方ではまた刑務病棟で囚人が発作を起こして倒れ
レイノルズが対応し調べると、看守がケタミンを打っていたことが判明。
レイノルズは所長に訴えるけれど相手にしてもらえません。
するとまた同じ囚人が倒れ
レイノルズは担当の看守に指摘すると
囚人を相手にしたらこうもしないとやってられないと反発されます。
レイノルズはその会話を録音していて所長に聞かせ
所長は看守を罷免することにします。

交通事故を起こした親子が同じ発作を起こし
旅行先のカナダで病原菌に感染したようだけど実態がつかめず
カプールとシャープがそれがいつの時代の菌で、
変化して危険度が増しているのか調べていきます。
結局恐れるほどの危険性はありませんでした。

パーティーは無事に終わり
皆が帰った後の会場で
マックスはジョージアを強く抱きしめながら
自分の病気のことを告げます。
ジョージアは崩れ落ちかけてたけど
大丈夫かな??
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ