FC2ブログ

The Resident S2-#20 「偏見がもたらすもの」

ギクシャクしていたコンラッドとニックの関係は
コンラッドはニックに結婚を望むけれどニックは拒否。
結局二人は破局、でも職場では同僚としてかかわっていくことを約束します。

気持ちがモヤモヤする中でニックは出勤。
ぼんやりして車を止めたら追い越してきた車に
突然銃弾が飛び込んできて車は暴走。
助手席に乗っていた母親と後部座席にいた息子が大けがを負います。

ニックがすぐに応急手当をして
家族はチャスティンに搬送されます。
日本では銃創患者は年間に10人だとベルたちは感心してたけど
それが日常茶飯事なアメリカの方が問題です!
母親は心臓を被弾。
足を骨折していた息子は全く足の感覚がなく
脊髄に銃弾が止まっていることがわかります。
オースティンとオカファーが母親を
ベルとヴォスが息子の手術を担当。
難しい手術でしたが成功します。

臨月のリアをでヴィンが診察し
すぐに帝王切開が必要だと産科に伝えます。
産科が混雑していたので担当医のスチュワートはデヴォンにアシスタントをさせますが
いつアメリカへ来たのかと質問されたデヴォンは
スチュワートの人種へのへ偏見を感じます。
手術は無事に終わり、リアと夫は生まれたばかりの娘と対面しますが
病室に戻ってからデヴォンは
リアのカテーテルから出血していることが気になり
スチュワートや看護師に尋ねると普通のことだと相手にしてもらえません。
その後リアは腹痛を訴えだし
夫は看護師を伝えるものの無視され
デヴォンに助けを求めます。

デヴォンが病室に行ったときリアは震えていて
すぐに手術室へ運びスチュワートのほかにオースティンやオカファーも加わり
手術を行いますが出血は止まらず
帝王切開後出血してたのに6時間も放置していたことが原因で
リアは亡くなってしまいます。
黒人は白人より産後亡くなる確率が高いとオカファーが指摘。
銃創患者の親子を救えても
出産した母親を救えなかったことに医師たちはショックを受けます。
デヴォンの提案でベルは
理事会で産科の体制を見直すように指摘します。

リアの件は実際キラという女性が
出産後亡くなった事例が元になっていて
もうこのような悲劇が起こらないようにと
キラさんの夫が訴える映像が流されました。
誰でも平等に、救える命を救ってほしいと強く願います。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ