FC2ブログ

Shameless S9-#3 「恥は底なし?!」

フランクはモー・ホワイトを下院選に立候補させると決めてから
せっせと寄付金集めの選挙活動に励みます。
といっても寄付金はフランクの懐に入るだけなのに
こういうことをやらせたらフランクの口八丁は大活躍!ですからね。
白人オヤジたちの支持を得られそうなモー・ホワイトですが
性犯罪な逮捕歴があったようで
それはこれから大いに問題になりそう。
ついでにバーは女性蔑視のエロい広告やらグッズやらが多すぎで
排除するよう注意が入ります。

カールは士官学校に入るための推薦状をアバーマンに頼みに行きますが
相手にしてもらえません。
ところがアバーマンはかつてヴェロニカの客だった!ことが判明。
ヴェロニカが久々にSMの女王に復活。
アバーマンは喜んで痛めつけられ
その結果カールは推薦状を出してもらえることになりました。

フィオナは着々と不動産事業を展開中。
フォードはやたらと難癖をつけたがるけど
実はやきもちを焼いてるだけなのかな。

ザンが怪我をして病院に運ばれたとリップに連絡が入り
リップが行くとリップの立場が意味不明状態。
兄でもなければ保護者にもなってなし
リップは母親が不在の間面倒をみていると話すけれど
その母親もどこでどうしているのか不明のままです。
埒が明かなくなったリップは
こっそりザンを病院から連れ出します。

デビーは女性労働者としてのアレックスとすっかり意気投合。
男性へのいたずらを仕掛けたりして喜んでいますが
レズビアンのアレックスに惚れてしまった?
自分もレズなのかもとデビーはイアンに尋ねると
イアンはそれを否定します。

イアンは神の言葉を求めて模索中。
仏教やユダヤ教やキリスト教に教えを請いに行きますが
求めている答えは得られません。

公立校に転入せざるを得なくなったリアムは
荒れた校風に戸惑うばかり。
当然いじめっ子もいるんですが
彼の勉強を助ける代わりにボディーガードになってもらい
リアムは要領よく生きて行けそうです。
さすがギャラガーです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ