FC2ブログ

The Resident S2-#23 「命を懸けた手術」

ニックはコンラッドに会いに行き、二人はよりを戻すことに。
ジェシーの心不全がさらに悪化し
すぐにも腎臓移植が必要になるけれど父親のカイルは行方不明です。
コンラッドは父に頼んでカイルを見つけてもらい
ニックがカイルを説得しますが、
カイルは腎臓提供の手術を恐れていて同意しようとしません。
ニックは諦めて病院に戻ると、カイルが手術を受けに来ました。

身元不明の男性が公園で倒れていてERに搬送されますが
男性は言葉が出ず、自分の名前も分かりません。
脳梗塞なのか認知症なのか、MRIを撮ってみないとわからないけれど
チャスティンは経営不振状態で、ベルが支払い不能の患者の治療にOKを出すわけがありません。
だがMRIの結果からデヴォンは手術の必要性を感じ
アーヴィングとヴォスを巻き込んで、ベルに男性を救いたいと説得。
ベルは男性を向き合っているうちに、手術に同意しました。
手術後男性は自分の名前や妻のことを話せるようになり
一件落着。

麻酔医のシーラは薬物依存症で
こっそり薬を盗み出したり、横流ししたりしていました。
オカファーはシーラの不審な行動を疑い
マイカの手術にシーラを外すよう頼みます。
シーラはカイルの腎臓摘出手術を担当します。

カイルとジェシーの手術が始まりますが
カイルへの執刀が始まった時シーラが倒れ
チューブが抜けて緊急事態に。
すぐにコンラッドとニックが入って危機を脱します。
その頃シーラから薬を受け取りに来た男が外で捕まり
警察がチャスティンに入ってきます。
目が覚めたシーラはその場で逮捕。
二人の手術も無事に終わりますが・・・

病院はついに売りに出されることになり
ベルはCEOの座を降ろされそうです。
そして患者が急変。
必死でコンラッドが蘇生をしていたけど助からず。
患者はジェシーかカイルか
そのままクリフハンガーでS3に持ち越しです。

また一つ医療ドラマが終わっちゃった。
早くS3が観たいです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ