FC2ブログ

Downton Abbey (映画版) 試写会報告

日本最速映画版ダウントン・アビーの試写会に参加するために
昨日東宝の試写室へ行ってきました。
ネタバレは極力避けて、感想のみアップします。

映画版はドラマが終了してから2年後
1927年に、ダウントンに国王夫妻が訪問
一泊すると言う手紙が届き
準備から訪問の大忙しの日々が描かれます。
2時間の中にダウントンのキャストが集合し
ドラマで楽しませてもらった世界が再現されます。

オープニングでダウントンが映っただけでテンションマックス!
試写室のスクリーンは大して大きくないのに
何故こんなに感動的なんだろうと思ったら
今までのダウントンは家のTV画面で
ひっそりと観ていたからでした(苦笑)
大音量も出せないし。
NHKの副音声に字幕付きでリアルタイム視聴をしていたから
英語も字幕版での視聴で全く問題なしですが
もしもドラマを吹替版で観ていたら
映画も吹替版があるので、それを観た方がいいかもしれません。

そしてここからは感想に徹することにして・・・
〇使用人のワンチームぶりがお見事!!
カーソンが戻ってきて統率。
アンナやヒューズのナイスなアイディアに救われ
ハラハラ場面も安心して観ていられました。

〇モールズリー、壊れてます(爆!!)
ダウントン以降、モールズリーは各種ドラマで
どんどん怪しげなキャラになり心配していましたが
ついに本領発揮?!
他にもヴァイオレットとイザベルの相変わらずのトークとか
笑いのツボは多々あり
この映画、間違いなくコメディです!

〇ブランソンが素敵すぎる!
今回は美味しいとこどりが3回あったかな。
ずっとブランソンファンだったんで大満足なんですけど
ダウントンの後Allenがボラプで
最悪に嫌な奴のポールに扮し
それを大画面でさんざん観続けてしまったので
やっといい人ブランソンに逆戻りしてくれてほっとしました。

〇トーマスに出会いが!
トーマスもかなり丸くなり、そして意外な展開が・・・

〇ヘンリーファンはちょっと残念
Matthewの都合だったのでしょうか?
出番が少ないので寂しいです。

まだまだ書きたいことはあるけれど
ネタバレしそうなのでこのくらいに。
上映は1月10日(金)からです。
全て話を知ってしまうともう一度観るかどうかは悩みどころですが
大スクリーンで観たら感動は間違いなしでしょう。
それよりプログラムとか関連グッズが欲しいな。
そのために映画館に足を運ぶと思います。
後はBlu-rayが出てから特典映像を狙うとか
しばらくはダウントンで楽しめそうです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ