FC2ブログ

Temple #1、#2

溜め込みドラマを地道に消化中。
ようやくTempleに手を付けることができました。

主演はMark Strong。
映画出演作はあまり観ていませんが
Low Winter Sunは見応えあったなと
気になる俳優の一人です。
このミニシリーズはノルウェーのドラマ「Valkyrien」のリメイクで
オリジナルではオスロの地下に秘密の診療所が作られるようですが
それがロンドンのテンプル駅の地下に代わりました。

主人公の医者のミルトンは妻のベスを亡くし失意の中
こっそりとテンプル駅の地下に秘密の診療所を運営しています。
必要な機材や医薬品はこっそり病院から持ち出すことも。
教会でベスの追悼式を行った後
ミルトンにリーから電話が入ります。
リーが診療所に運んできたのはリーの友人で
仲間たちと強盗を働いて警官を轢き
銃で撃たれたジェイミーでした。
ミルトンはリーを助手にして緊急手術を開始
銃弾を抜いて縫合しますが
Oマイナスの血液が足りなくなってしまいます。

するとミルトンはアナを呼び出し
嫌がるアナから半ば強制的に血液を採取します。
アナはテンプル駅の地下の診療所の実態を知り
ミルトンがいないときに診療所から逃げ出してしまいます。
秘密が漏れたら大変だとミルトンはアナを口止めしようとしますが
なかなかアナがつかまえられず
ようやくアナに口を聞いてもらえたミルトンは
さらなる秘密をアナに伝えることになります。

アナはミルトンの浮気相手だったのかな。
恋人関係は解消されているようですが
でもいざとなったらミルトンはアナに頼るしかなかったんですね。
ミルトンの最大の秘密はベスの死。
ベスは医薬品の研究を行っていますが
自分が不治の病にかかっていることを知り
それをミルトンや娘に言わず
その病気を治す開発を進めていました。
そしてついに自分が試すことに。
ベスとミルトンは海沿いの別荘に行き
ベスは遺書を何通も書くとその薬を注射します。
ミルトンはベスの遺言通り、遺体を海に流し
証拠を何も残さないようにしようとしますが
海に出た時、まだ何かできるはずだと考えたミルトンは
ベスを連れて戻ってきます。
そして表向き、ベスは入水自殺したように見せ
実は地下診療所でミルトンは治療を続けていたのでした。

この先ベスは助かるのか
そしてこのダークでミステリアスな診療所はどうなっていくのか
やっぱり只者ではなかったMarkを楽しめそうです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ