FC2ブログ
Top Page › New Amsterdam › New Amsterdam S1-#14 「孤独な闘い」

2020 · 01 · 19 (Sun) 10:01

New Amsterdam S1-#14 「孤独な闘い」

ブルームが長期休暇に入ったため
ERはカンデラリオが仕切ることになりますが
彼女はやたらと時間に厳しく、10分間ルールを徹底します。
10分間の診察で病名を見つけると言う早業。
でもカプールは無視してインド系の女性の悩みを聞き続け
他のドクターたちもカプールに自分の時間を分け与え
ようやくカプールは女性がライム病にかかっていることを探り当てます。
話を聞きながらバックグラウンドを探り
診断を下すのがカプール流だそうで
カプールは自分のやり方を徹底しました。

ビルの6階から飛び降り自殺を図った男性は
海兵隊のタグを持っていたので問い合わせたところ
そのタグは女性のものでした。
該当の元兵士はその男性がイラクで米軍の通訳をしていて
アメリカに来て生活を始めたと話します。
意識が戻ったそのイラク人はフロムに
アメリカに来てテロリストと間違えられて
非難されたり暴行を受けたりして
辛い思いをしていたことを打ち明けます。
すると元兵士が仲間を連れてきて
みんなでそのイラク人を支えていくことを約束します。

モヒンダーじゃなくてパンサキ(でいいのかな)と幸せなひとときを過ごしたシャープは
病院の近くで倒れている女性を発見。
その女性は薬物中毒で、意識が戻るとバッグの心配をします。
シャープが探しに行くと、ベンチの下のバッグに赤ちゃんが入っていました。
赤ちゃんは薬物の離脱症状が出ていて危険な状態。
だがシャープが様子を見ている間に、女性は勝手に病院から出て行ってしまいました。
シャープは捨てられた赤ちゃんを、自分で育てたいと思い始めます。
しかしそこに不明だった父親が現れ
子どもができていたかったと知っていたなら女性と別れなかったと説明。
子どもを引き取り育てると言ってきたので
シャープは父親に子供を返します。
その後シャープはパンサキに子供が欲しいと訴えましたが
彼にはすでに二人の子供がいたのでした。

理事会がフルトンを解雇させようとしているので
マックスとフルトンは芝居を打つことに。
理事会が始まる前にフルトンは心臓発作を起こして倒れ
マックスはフルトンを運んでから、理事たちにフルトンの偉大さを語ります。
しかしフルトンは解雇されてしまいました。

レイノルズはブルームが休暇を取らされたことを知らず
事情を聴いてブルームの様子を見に行きます。
Medのロビンと違って、ブルームはゆったりと治療を受けられるようで
これなら早く復帰できるかな?
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-01-19

Comments







非公開コメント