FC2ブログ

Shameless S9-#9 「ブーーーーーン!」

酔っ払いフィオナはますます荒れまくり。
常にウォッカが手放せず、光熱費等を要求するデビーを無視。
フォードの工具箱を隠していて
フィードが取りに来ると追い払い
パッツィーズでも悪態付きまくりです。
見かねた副店長のエリザ(彼女もいろいろなドラマに顔を出してますね)が
ギプスの外れたフィオナをボクシングジムに連れていきストレス発散を促しますが
フィオナはコーチの顔を殴って鼻の骨を折ってしまいました。
歯止めが聞きません。

リップはタミの母親を追悼するマラソンに参加しますが
そこに現れたのはタミの婚約者だと言う軍人のブーン。
民の母親が死ぬ前にブーンに託したそうで
その約束は続いているみたいです。
いかにも体力がありそうなブーンはリュックをしょったまま走って勝利。
リップは勝てなかったし、タミとの関係も複雑に。
勢いで妹とヤっちゃったりするけど、タミへの思いも伝わってきます。

カールとケリーは楽しく過ごしているけれど
ケリーがトレーニングをさぼり勝手なことをしていることに中佐が怒りだし
ケリーは家出してしまいます。
カールはケリーのために別れを切り出しますが
ケリーは父が決めた通りではなく、自由にできることを喜んでいました。
そしてついに中佐を降参させます。

イングリッドの凍結保存されていた卵子を受精させるため
フランクは助けを求められたものの役に立たず
フランクは内緒でカールに代理を頼んだら
無事にイングリッドは妊娠しました。
ところが精子が元気過ぎて?六つ子が生まれると言われ
でも三つ子までにしておかないと医師は免許剥奪になるんだそうです。
でもイングリッドは六つ子が欲しいと主張。
見つからないようにギャラガー家に隠れに来ます。
そこで行っていたイメージトレーニングが
カールとケリーの助けになりました。

ケヴィンとヴェロニカが迎えた養子のサンチアゴは
実はグアテマラからの不法移民の息子で
親とはぐれてしまっていました。
ケヴィンたちはサンチアゴの父親を捜しに行きますが
二人はスペイン語を話せないし、善意の行動は裏目に出て
見つけた父親も逃げ出してしまいます。
一方ケヴィンたちの留守中、ギャラガー家に連れてこられたサンチアゴは
唯一リアムと会話することができました。
リアム、スペイン語上手すぎ!!
二人は早速金儲けのための実践をしに外へ出ていきます。
ついでに前回のエピでサンチアゴが歌が上手くてびっくりしたら
彼は「リメンバー・ミー」で歌ってた人なんだね。
恐れ入りました。

デビーは一家の主のごとく家計を管理し
光熱費を払わないと家の中に入れてくれません。
鍵を付け替えてフィオナとリアムを追い出してしまいました。
せっかくリアムは頑張ったのに。
しかしフィオナは、このままでは絶対ダメになっちゃうよ!!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ