FC2ブログ

Balthazar S1-#1 「血と肉」  #2 「死刑執行令状」

2月の一挙放送第一弾
フランスのミステリー「バルタザール」を観てみました。

いきなり主人公の法医学者バルタザールが上半身裸で登場。
自分でパンを焼き、ジャムを塗って食べながら
女性と楽しそうなひとときを・・・
と思ったらその女性は幻でした。
印象的な登場をしたバルタザールはなかなかのイケメンです。

彼が異動してきた女性刑事バックと組んで殺人事件の解明に当たります。
1話目は自宅で夫婦が殺害され
事件を見てしまった娘は何も話すことはできず
真相のヒントは隣人にあったという事件。
2話目は撲殺され顔の皮膚がはがされていた男性が
検視の結果整形手術で別の男性に成りすましていたことは判明。
でも残されたタトゥーのせいで別人になりきれなかったという事件でした。

バルタザールは法医学者ですから
現場ではまず検視からスタート。
遠慮せずに体温計を耳に突き刺す姿はかなりの迫力。
でも周囲の様子等もしっかり観察し
遺体との関連を調べていきます。
その次は検死解剖。
こちらもスタッフと一緒に手際よく
状況を刑事に報告したら仕事は終了のはずですが
気になればまた現場に行くし、バックとコンタクトを取るし
これがバルタザール流なんでしょう。

体に自信ありのイケメンで
料理好きでかなり変わった奴なバルタザールですが
(ついでに変顔も得意…爆!)
遺体と話ができる。
それは毎日亡くなった妻と話をしているからで
妻は12年前、バルタザールの留守中に自宅で殺害され
隣に住む男性が犯人として逮捕されていました。
でも真相は明らかになっておらず
そのうち発見された遺体に
妻の指先に残されていた印と同じものが残っていて
バルタザールは驚愕します。

日々の事件と合わせて妻の死の真相を探ると言う展開は
いかにもミステリードラマにありがちだけど
バルタザールが素敵だから楽しめちゃう。
ベックは夫と子供たちがいる忙しい刑事で
家のことなどほったらかしで、バルタザールとは真逆な感じが
パートナーとしていい味を出してるのでしょう。
しかも夫は浮気の疑いが??

イケメン法医学者ということで
ちょうど観始めたオーストラリアのミステリー「ダニエル・ハロウ」と比べたくなりますが
家庭の問題でぎくしゃくしていたり
関係者以外に言えない秘密を抱え隠ぺいしているハロウは
なんともダークな感じ。
それに比べると、人々を救うために法医学の道を選んだバルタザールは
自身は問題を抱えていても爽やかです。
料理する姿がお洒落で美味しそうだし。

バルタザールを演じているTomer Sisleyは
映画版の「ラルゴ・ウィンチ」を演じていたんですね。
ラルゴ・ウィンチって知ってるけど映画は観たことがなくて
観ていたのはそのずいぶん前に製作されたドラマ版でした。
主人公のラルゴ・ウィンチは金持ちの御曹司ですから
その雰囲気、出てたんだろうな。
映画版も観たいと思ったら
アマプラにあるけれど、今は視聴不可でした。残念。

一挙放送、なかなかクリアできずに溜め込みがちだけど
今回はサクサク進めるかも。
そしてS2もあるようなので
AXNミステリーさん、続けてよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ