FC2ブログ

Younger S1-#3

コメディってどちらかというと苦手分野で
シットコムは嫌いだし、ブラックコメディ系でないと無理かなって感じなんですが
このドラマは珍しく?ハマってます。
NYの風景もプラスの材料になっているかな。

「サバヨミ大作戦」という見事な?邦題のせいで
放映の仕方もかなりサバヨミ(じゃないか)
30分枠(実際には22分)のエピソードを2本セットにして1話として放送。
だから今回も3目なのに実際は5,6話目で
HPによると全18話となっているから
本当は1シーズン12話だから一気に3シーズン分放送してしまうわけですね。
とってもサバヨミです。

40歳で夫と離婚、大学生の娘はインドに留学中のライザは
ルームメイトで親友のマギーに、就活の際の年齢サバヨミアドバイスをもらい
出版社に26歳と偽って応募したら採用されてしまったので
26歳のふりをして働いています。
ライザは誰にも実年齢を知られないままに
見た目も気持ちも若作りをして
同世代の上司や若者たちと働いていますが
年を隠すのって本当に大変。
ライザ、よく頑張っています。

見た目の若作りは努力で出来るかなと思うけれど
体力がついていけないし
確かに手は年齢を隠せないかも・・・
ライザは持ち前の明るさとパワーで
20代女子と対等に付き合えるのですごいんですけど
長い人生経験から得た知識が役立ってみたり、空回りしたり
それが面白いんだね。
若者の常識が欠落している部分は
「インドに留学していた」でカバーしてるけど
それはインドがちょっと気の毒?

恋人のタトゥーアーティストのジョシュも
ライザの実年齢を知らず。
もし知ったらどんな反応を示すんだろう。
ライザの魅力がわかっていれば問題はなさそうですが
それより騙されていたという事実がショックなのかも。
まあドラマですから、誰も真実を知らないまま
ライザの必死の努力に付き合わされていくのかもしれませんが。

今回ようやくMariskaの本物のダンナ
Peter Hermannがチャールズ役で登場しました。
出版社のボスで離婚してると
ダイアナが夢中になってますが
SVUのランガンではないPeterを観る機会はあまりないので
楽しませてもらいます。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ