FC2ブログ
Top Page › その他のドラマ › Poldark S5-#8 「正義と勇気の人 ロス」

2020 · 03 · 13 (Fri) 19:34

Poldark S5-#8 「正義と勇気の人 ロス」

めでたしめでたし!?!

ロスが秘密裏に動き出して5か月が過ぎ
ロスの態度がよそよそしいことを気にしたデメルザは
こっそり鉱山へ入って行き、
ロスがテスと親しげにしている様子を目撃してしまいます。
帰宅したロスにデメルザが問いかけるとロスは素っ気なく
愛情が醒めたと思われるロスの態度に腹を立てたデメルザは
子どもたちを連れて家を出て、キャロラインの家に寄せてもらうことにします。

でもこれはロスが家族を危険から遠ざけるための策略でした。
ロスはフランスから来たトゥーサン将軍のイギリス侵略に加担しますが
あらかじめ地下室に隠れていたドワイトが作戦をメモし
ロンドンへ送り届けます。
だがハンソンの手下がその手紙を奪い
ハンソンはトゥーサンにロスの裏切りをばらします。
トゥーサンはロスに騙されたと制裁を加えようとしますが
そこにデメルザが現れ、ロスを守るのではなく
裏切られた妻の立場から、二人が決闘するように仕向けます。
剣を取った二人の争いは決着つかず。
ロスがピンチかと思ったところで銃声が響き
撃たれたのはトゥーサンとハンソンでした。
銃を持っていたのはジョージ。
まさかジョージがロスを助けるとは。
一方鉱山ではジェフリー・チャールズやドレイク、サムたちがダイナマイトを仕掛け
坑道を崩してしまいました。

ロスの作戦は成功。
デメルザも思い付きだったらしいけど、しっかりロスを助けました。
ジョージはこの状況が耐えられなかったからなのかな。
その後ハンソンとマーセロンは有罪になります。

めでたいことは次々に。
騒動の合間にモーウェナの陣痛が始まり
無事に女の子が生まれます。
ドレイクとモーウェナは子どもにラブディと名付けます。
サムとロジーナもついに結婚することに。
キャロラインはラブディを抱いているうちに
もう一度子供が欲しいと思い始めます。

ワーレガン家はついにコーンウォールを離れることになります。
バレンタインは自分の鉱山を欲しがっていたけれど
いずれ手に入るのかな。
そしてロスとドワイトにはパリでの仕事が待っていました。

全て落ち着いたところでこのドラマはおしまい?なのかな。
彼らの人生はまだまだ先があるし気になるけれど
丸く収まっちゃった感あるからね。
ともあれ楽しめてよかったです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-03-13

Comments







非公開コメント