FC2ブログ

Darkness:Those Who Kill 視聴終了

少女たちを誘拐、殺害していた真犯人はスティーネで
アナスはスティーネに利用されていました。
スティーネがシリアルキラーになったきっかけは
兄のミゲルにレイプされていたから。
それをスティーネは誰にも話せず
両親はスティーネを素行不良ということで
寄宿制の学校に入れてしまいます。
もともと乱暴な子だったようだけど
家族から見捨てられたスティーネが歪んでいくのは
あり得るパターンですね。

アナスがルイーセを誘拐しかけ失敗したことで
ルイーセは共犯者の存在に気づき
被害者の共通点を追っていくうちに
スティーネの存在が見えてきます。
ヤンとルイーセがスティーネの家に行ったら
スティーネは訪ねてきたミゲルと争い
家を出ていこうとしている所でした。
そして家の地下の隠し部屋から
アナスとエマは姿を消していました。

スティーネは取り調べでアナスに脅されていたように証言しますが
ルイーセはスティーネの話しぶりから嘘を見破り
アナスたちの居場所を吐かせます。
でもスティーネが教えた場所には二人はおらず
スティーネは移送中に逃走。
アナスからエマを奪うとエマを人質にして
家族のもとに向かいます。
家族から先に話を聞いていて
スティーネの動きが読めたからヤンたちは追いついたけど
平然と兄や父を撃っていくスティーネに
ぞっとさせられました。
でもスティーネを歪めてしまった責任は
家庭環境にあるよね。
収監されてからも懲りてなさそうな態度は気になったけど。

このドラマ、S2に続くようですが
また違った事件をじっくり追及していくのかな。
かなり残虐だったけど、テンポよく観ることができ
面白かったです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ