FC2ブログ
Top Page › Chicago Fire › Chicago Fire S7-#4 「新しい小隊長」

2020 · 05 · 31 (Sun) 10:39

Chicago Fire S7-#4 「新しい小隊長」

火災の通報があってはしご隊やポンプ隊が駆け付けると
現場では爆発があったようで、両手が吹っ飛んだ男性が倒れていました。
現場検証でケイシーは手りゅう弾のピンを見つけます。
続いて公園で若者が手りゅう弾を投げ
女性が足を怪我します。
手りゅう弾はベトナム戦争以前に作られたもので
ボーデンはバージェスとアトウォーターに連絡。
相次ぐ爆弾事件に緊張感が走っていたところ
女性が手りゅう弾が詰まった箱を持って51分署を訪れます。
彼女の話では夫の遺品を片付けていたところ手りゅう弾を発見。
レプリカだと思い込んでガレージセールで売ったら3個売れ
行方不明の一つは少年が買って行きました。
51分署は総出で少年を探していると
裏庭で映画撮影をしてると情報が入ります。
ケイシーが探しに行くと手りゅう弾を持っている子がピンを抜いたところで
そのまましっかり握っていてと指示しても手が離れてしまいます。
ケイシーは急いで受け取って水路に投げ込み
大惨事を防ぎました。
付近は住宅地だし、本当に爆発、炎上しなくてよかったです。
しかし自宅に手りゅう弾が残されていたのは怖すぎる!

ブレットとフォスターは体操の練習中に落下して鎖骨を折った骨折した少女を搬送しますが
フォスターは少女の筋肉の付き方からドーピングをしていると察知。
病院でドクターに話しますが無視されます。
ブレットは救命士は病院に着いたら患者に深入りしないとフォスターに確認しますが
次のけが人を搬送した時少女の母に会ったフォスターは
少女がドーピングをしていることが体に良くないと指摘し
母を苛立たせます。
だが少女が薬漬けになっていたことが検査で分かり
コーチが毎日筋肉増強剤を注射していたことが判明します。
フォスターの判断は正しく、コーチは逮捕されました。
フォスターは少女を救ったけど
医者と救命士の線引きって難しいね。

ハーマンははしご隊の小隊長に昇任。
ハーマンは隊の士気を高めるために厳しく指導しますが
だが隊のバーンズは動かないし文句を言うし
気づいたらハーマンの小隊長バッジを勝手に持ち出し
便器に貼り付けていました。
怒ったハーマンはバーンズをクビにしてしまいます。
空いたはしご隊のポストには
マウチが消防を辞めてしまったリッターを呼び出し
入ってもらうことにします。
新たなメンバーが加わり良かった!
キッドの高校時代の友人タイラーが会いに来ますが
二人の親しげな様子がセブライドは気になって仕方ありません。
キッドは仲間たちの集まりを断ってセブライドとデートをするけれど
タイラーの存在はちょっと面倒くさそうです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-05-31

Comments







非公開コメント