FC2ブログ
Top Page › Pose › Pose S2-#2 「欲望と自尊心」

2020 · 06 · 02 (Tue) 20:05

Pose S2-#2 「欲望と自尊心」

ブランカは自分のネイルサロンを開くために
貸店舗の家主と会って交渉
現金払いで特に書類も作らず、店舗を借りることができました。
所が家主の息子がブランカがトランスジェンダーだと気づいて報告。
急に家主は店舗を貸せないと言い出します。
ブランカは凹みますが、堂々と戦うようにプレイ・テルからアドバイスされ
人種差別は許せないと訴え家主を脅したため
無事に店舗を取り返し、ネイルサロンをオープンします。
目標に向かって頑張るブランカですが、
エイズの治療薬を飲む気にはなれません。

エレクトラは居候していたハウスの待遇が気に入らず
腹を立てて出ていきます。
エレクトラの羽振りがいいのは、SMクラブで荒稼ぎをしているから。
さらに高収入を得たエレクトラは、自身のハウスのウィンターを立ち上げることにします。
するとエヴァンジェリスタのダンサーたちがウィンターに移動。
ウィンターはたちまち大所帯のエネルギーにあふれたハウスになってきます。

リッキーがツアーから帰ってきてデイモンは喜んでいたけど
ボールでデイモンはリッキーの浮気相手に出くわしてしまいます。
腹を立てたデイモンはリッキーに問い詰めると
リッキーはデイモンのことを愛していると主張。
でも浮気しているなら、
ゴムなしでヤッていたら感染のリスクがあることも気がかりです
リッキーは検査に行って陰性だったとデイモンに伝えますが
デイモンはリッキーと別れることを決意。
リッキーはエヴァンジェリスタを出て、ウィンターに移動します。
エヴァンジェリスタはますます寂しくなってしまいます。
ブランカはデイモンが予防していないことを心配します。

次のボールではエレクトラの圧倒的勝利でしたが
プレイ・テルはビジネス賞をブランカに授けます。
帰宅したブランカはファミリーに
自分が無防備だったためにエイズにかかり発症した。
だから気を付けてほしいと話します。
そして薬を飲み始めることにします。

ハウスの母として家族を思いやるブランカ。
母として強く生きるために、病気を治そうと思う気持ちが強まったのはよかったです。
エヴァンジェリスタは弱小ファミリーになっちゃったけど
家族の絆は固くて素敵です。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-06-02

Comments







非公開コメント