FC2ブログ

The L Word

FOXlifeでドラマを物色しているもののどうも中途半端で
レディーケイド先生で喜んでいたG-Spotも
あっという間に終わってしまいました。
そんなときThe L Wordの再放送があるのがわかって
タイミングもいいかなとチャレンジすることにしました。
とりあえず4話クリアしましたが・・・

ずばりLAのレズビアンたちの物語。
QAFの女性バージョンなのかな?
でもQAFのように心地よく楽しめない。
女性の悩みや問題ってリアルに感じてしまうからなのかも。

キャストはまずジェニファー・ビールズはすぐにわかりましたが
あとはどこかで観た事ある?なお姉さんたち。
この間観た「マイアミ・バイス」で活躍していたパム・グリアが
貫禄で登場してました。
いったい誰が出ているのって調べたら
テニスプレーヤーのお姉ちゃんとデートする
シェフのお姉ちゃんは
ミュータントXのエマだったんですね。
あまりにもイメージが違いすぎて全然わかりませんでした。
というわけでエマもレズになっちゃったか・・・

ストーリーはまあまあ面白いし
ひきつける部分はあると思うんですが
とにかく姉ちゃんが多すぎる!
名前が全く覚えられません。
どうしてこんなに姉ちゃんばっかり?
主人公は3人ぐらいにして
脇に頼りになるホモのカップルも出てきて
(それじゃまるでQAF?)
くらいだと理解できるんだけどな。
やっぱりずらりとオヤジなドラマの方が
ずっと親しみを感じます。

しかしSHOWTIME製作のこのドラマが日本で放映できて
QAFは出来ないとは言わせたくないよね!
ってことで次は是非QAFも。
それも元祖イギリス版から
是非オンエアしていただきたいものです。
FOXlifeさん、よろしく!


スポンサーサイト



コメント 5件

コメントはまだありません
りぶる  
FOXlifeHD

Lはちょっと苦手です。笑
こんなにたくさんすぐ再放送するならあんなに忙しい思いをして一度に見るんじゃなかったと後悔したFOXlifeHD・・・
まあ、なんと言ってもHOUSE!でした。クロッシング・ジョーダンもおもしろかったです。
で、今月のおすすめは、ようやくリピートのBeautiful People、離婚してNYに出てきた母と娘二人の爽やかストーリーなんですが、感激屋で涙もろい母リンが何と!MPのジョー!!彼女の大学時代の元カレで今は金持ち娘と結婚して出版社?の社長?をしてるジュリアンは、Rescue Meの幽霊消防士ジミーです。そしてリンの元夫がなんとなんと!MPのジェイクでびっくりでした。この前はジェイクが出てきたところで終わってしまったのですが、今回はその先まで放送するらしいので楽しみです。

2006/09/05 (Tue) 23:40 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
挑戦してみます

りぶるさん、FOXlife情報ありがとうございます♪
実はFOXlife、ちょっと離れかけてます。
AXNを観るのに忙しいからなんですが。
レディーケイド先生は終わっちゃったし
Lもリタイア宣言することにしました。
とにかく姉ちゃんが多すぎます(爆!)

HOUSEはこれからぼちぼち観ることにして
Crossing Jordan、一番観たかったドラマなんですよね。
もう一度再放送してくれないかな。
今はNorth Shoreをボーっと観ています。
青い海が綺麗なので(笑)
そしてBeautyful People。
これは挑戦してみようと思ってたのにすっかり忘れてました。
#2から観てみます。
ジョーとジェイクの再会だけで泣けそうだし!

2006/09/06 (Wed) 20:17 | 編集 | 返信 |   
りぶる  

Crossing Jordanは、そのうちFOXで放送するのではと、勝手に予想しています。
North Shore、やっぱり海目当てに見てました。あとはMiss Matchも気楽に見られて楽しめました。
FOX CRIMEが見られないのが悔しいです。

2006/09/06 (Wed) 23:24 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
本当はCRIMEが・・・

lifeと取り替えてもらいたいです!
CRIMEの方がぜったい好みに合ってるし。
lifeのドラマはいずれFOXに来るけど
CRIMEはいきなりスカパーなので
FOXに流れるなんてありえないですよね・・・
lifeっていったいなんだろう?
まあCRIMEのドラマがlifeに来ればそれでよしですが
そんなことありえるのかな?

2006/09/07 (Thu) 00:37 | 編集 | 返信 |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/09/03 (Mon) 00:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ