FC2ブログ

TWS3「彼ら自身の言葉で」

TWを完璧にクリアしたところで
唯一欠落していたのがこのドキュメンタリーの日本版。
私が帰国してからのWOWOWでの再放送ではオンエアされず
今回スパドラでの9.11記念特集は画期的でした。
もう一度じっくりと観る事ができて本当によかった。

私が「In Their Own Words」を観たのは
9.11から2ヶ月たった2001年11月14日でした。
インタビュー収録が10月1日
アメリカでのオンエアが10月15日だったので
あまり期間を空けずに観られたのは幸いでした。
そのとき是非この貴重なインタビューを
日本で早くオンエアしてもらいたいと思いましたが
WOWOWに来たのはずいぶん後になってしまいました。

初めて観たときは9.11当日とそれ以後のニュース映像が
脳裏に焼きついていたので
NYの警察、消防、救命に携わる人々の言葉が
映像とシンクロしてリアルに響いてきました。
そして今回見直しながら
TWS3が1シーズン9.11を背負って流れていった事や
ドクの事件も9.11がトラウマとして残っていた事など
このときは気づかなかった残された影響の大きさを痛感しました。

地獄の扉を開けてしまった彼らは命は助かっても
仲間を失い、心に受けた傷は
簡単に癒えるものではなかったと思います。
それをTWはドクの言動を通して伝え、
さらに深く掘り下げていったのがRescue Meなんですね。
9.11とFDNYドラマのかかわりはまだまだ続いています。

5年後の彼らの言葉を聞いてみたい。
きっと市民の安全を守るために
彼らはまた精一杯働いているんだと思います。
そして9.11を風化させないように
後に伝えていこうとしていることでしょう。
ドキュメンタリーの中で
何も出来ないもどかしさを語っていたウォルシュが
「UNITED 93」で彼なりに9.11を伝えていたことに感激しました。

インタビューを行った10月1日。
TWでは「残された日々」の後半でキムが職場復帰したり
アレックスが父の写真の前で手を合わせたり
といった様子を描いています。
冒頭でサリーが解説してたように
9.11の影響をモロにかぶることになってしまったTW。
だからこそ何とかしたいという思いが
このドキュメンタリーとなりました。
これがTWの番外編というより
9.11を伝える大切な記録として
是非多くの人に知ってもらいたいと
今回さらに強く感じました。

私がTWのサイトを立ち上げたのもそんな思いがあり
TOP画像に今回のドキュメンタリーに
顔を出した人たちが載っているのも
彼らの思いを伝えたかったからです。
この画像はずっと置いておくつもりです。

しかし何故カルロスが出てこなかったんでしょうね?
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
rosedale  
また泣きました

5年後の今も涙なしでは見られない「彼ら自身の言葉で」。S3の放送スタートと9.11の5周年にあわせて、素晴らしい企画でした。スパドラに感謝。

ウォルシュを「ユナイテッド93」で見た時は感動しました。あれ、ウォルシュ?と思って最後のクレジットをじーっと探しちゃったw。今の彼らの気持ちもまた聞いてみたいですよね。

カルロス(特に当時のカルロス)だと真剣味がないから、とか(爆)?

こちらからもTBさせていただきます♪

2006/09/14 (Thu) 16:55 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
再び感動

rosedaleさん、TBありがとうございます。
カルロスが最後まで頑張った事を思うと
このときも是非語り部になってもらいたかったんですが
無視されちゃったのかな?

ウォルシュはUNITED93で姿を見つけてから
ますます素敵に思えてきて
5年前の言葉を聞き返して感慨に浸ってました。

DKを思うモリーがフェイスでなくなるのも
貴重な一瞬でした。

2006/09/14 (Thu) 20:44 | 編集 | 返信 |   
yasishi  

この後に「それぞれの9.10」を続けて見ました。
時間的には事件の前にあたるわけですが、このエピソードまでがドキュメンタリーのようでした。
もっと早くに見たかったのですが、時系列に沿ったほうが伝わるものがあるのでは?と思っていたもので。
実際、その通りだったように感じます。
米国での放送時期に見ていたら彼らが語るごとにニュース映像が浮かんできたことでしょう。
インタビューに応じる彼らが冷静にみえるのは、まだ事件の最中だからなのでしょうか。
心に受けた傷が本当の痛みになる前なのかもしれないと感じました。
5年後の今の彼らの言葉を聞いてみたいです。
いろんな意味でショックもあり、うまくまとまっていないのですがTBさせていただきます。

2006/11/30 (Thu) 11:47 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

「それぞれの9.10」と続けて観ると、ドキュメンタリーの重みがさらに増してくる気がしますね。
私が最初に観たときは、ドキュメンタリーも45分×2でのオンエアだったので合わせて3週間で観た事になりますが、一気に観たら当時の悪夢がばっちり蘇りそうです。
5年後の彼らたち、RMのトミーのようにどこか911にこだわり続けているのでしょうか。それがトラウマになってなければいいのですが。
TBありがとうございました。

2006/11/30 (Thu) 21:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  Third Watch S3-1「彼ら自身の言葉で」-In Their Own Words
  • スパドラの911スペシャル番組の一部として放送された、「In Their Own Words」。911から5回目のアニバーサリーということで、再見することにした。一応これ、シーズン3の第1話なんだけど、今回は特別企画扱いなのかな。911の一ヵ月後の放送を泣きながら見た記憶があるけど、
  • 2006.09.14 (Thu) 16:55 | ME TELLY & ICE CREAM
この記事へのトラックバック