FC2ブログ

WAT「クルーザーの秘密」

S2終了。バンザ~イ!!
と叫びたいのはWATを観た後即エピガイをアップして
その後勢いでツッコミブログを書いて
なんてことをやってるとどんどん夜も更け
完璧に寝不足ドラマと化していたからなんです。
これからしばらく平穏無事な水曜の晩が送れるぞ!と
ちょっと嬉しかったりして。
しかしこの喜びがずっと続いちゃマズイわけで
また来年春にS3の確約を
NHKは是非お早めに!と祈ってます。
しかし不安な水曜枠だし。
WATは他のドラマより宣伝地味だし。
心配だよね!

S1ほどドキドキしなかったけど
ちょっと派手な展開。
そして最後に怒りが・・・
この悪妻め!
ジャックの代わりに呪ってやりたい!!
なんでパッキングが終わったところで言い出すかなぁ。
転勤、引越しに関わる疲労&苦労は重々承知してますので
このバカ者が!と張り倒したくなってきました。
来て欲しくなかったら初めから言うなよ!
でジャックは「了解しました。」とまた荷物を解いて
失踪班の元に「出戻りしてもよろしいか?」と
お伺いを立てちゃうんでしょうか。
ジャックが気の毒すぎます。
ウザモードを超越してマリア封印。
是非S3でお願いしたいです。

ピンクシャツの派手派手マーティンは
新しい気持ちを入れてもらえてよかったね!
でも社内恋愛の嫌いな私は
この先は厳しい目でチェックするのであしからず。

ヴィヴ昇進は幻に終わってしまうのか?
今回はダニー地味でしたね。
もう少し出番があってもよかったのに。

そしてゴージャスだったのが失踪一家。
失踪しなかったお父ちゃんは
「Brooklyn South」のフランク・ドノヴァン巡査部長。
このドラマは今考えると超ゴージャスなレギュラー陣で
CSI:MiamiとNIP/TUCKとCold Caseが一緒にいたんだもんね!
それを統括してたドノヴァンは
実は内務監査までやっていたという裏の姿もあり
真実を話すシーンではドキリとさせられました。
ついでにこのドラマは金髪メローニという
これまたレアなシーンが拝めました。

誘拐されたお母ちゃんは
スタトレのお偉いさんだったんですね。
観てないのでどの位偉いかわかりませんが。

そして漂流してた息子は
「Party of Five」の末っ子オーエンの育った姿でした。
これにはびっくり。
だってお兄ちゃんは、LOSTのウザジャックですからね。
あのころは実に頼りないお兄ちゃんだった気がするが・・・

こんな風にゲストでも楽しませてくれたWAT。
来シーズン、オヤジキッドの活躍は?
(今回はまた別の謎キッドがいましたが)
めでたくS3が復活したら、また一騒ぎさせていただきます。

スポンサーサイト



コメント 8件

コメントはまだありません
atsumi  
そんなに来てほしくなかったらさー

ちょっと恨みたくもなりますよね。だってジャック選択の余地無し
的な感じじゃなかったっけ?「来てほしくないって思ってるの
わかってよ」だったらそれらしく含みのある言い方すれば
いいのに。再会できた失踪一家が抱き合うのを見て
自分たちも今度こそ結束してやり直せるぞ、とジャックは
思ったに違いないのに…。
「すみません転属願い取り消しお願いできますでしょうか?」
って有りなんですかね?

2006/09/14 (Thu) 05:41 | 編集 | 返信 |   
ぽっこ  

これほど観ていてテレビに向かって、文句言ったのも珍しいぐらいです。あなたはやっぱり仕事が大事でついて来ないのねって感じでジャックを責めてたじゃないですか、奥さん。
なのにいざ、さあ行こうって全部用意できたら、今度は泣いて「あなたが着いて来ないと思ったから…」って手の平を返したような言い草。
あまりにひどーーい!!
どうするんでしょうね、ジャック。こんなにコケにされちゃって。
怒りモードが収まりません。

マーティンのピンクシャツ姿はカッコ良かったです…と急にニコニコしちゃう私(笑)

2006/09/14 (Thu) 17:38 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
引越しは楽じゃない!

まだ部屋の隅にダンボールがそのまま積まれている私は
もうしばらく引越しは勘弁してくれ!って気分ですが
ジャックはオフィスも自宅もすっかり整理して
娘たちもその気になってるのに
この場に及んで「来て欲しくない。」なんて
本当にふざけてますよね!信じられない。
まあ実際にはそんなに簡単に引っ越せないので
マリアがわがまま言う余地もないとは思うけれど。
このバカ妻と病気の父を抱え
ジャック、大変すぎです・・・
まだ娘たちは素直そうだけど
あの妻の血を引いてるとなると
そのうち反逆を起こすかもしれないし。
ジャックの将来がますます不安になってきちゃいました。

ピンクシャツマーティン、かわいかったです。

2006/09/14 (Thu) 20:31 | 編集 | 返信 |   
まめ  
超越。

怒りを通りこして、あきれたジャック妻。
その瞬間、がろとさんの声で(聞いたことないけど)
ウザマリア。という声が頭の中で聞こえました(笑)
しかし、そこを超越していましたか(^^;
ずるいですよね、ジャックが「断ると思っていた」って
今回の別居もジャックのせいにしようとしてたなんて
あんまりだわ!
プンプンしてて、すっかり事件が流れてしまいました
その直前、感動の再会、してたんですよね(^^;

確かに超越妻はいいとして、娘たちが気の毒。
こんなゴタゴタみてたら、繊細な子だし、
先が不安ですよ。

ピンクシャツにつられて?(笑)
やたら笑顔の多いマーティンは、もちろんかわいかったです♪
ここと、ダニーの最後の笑顔が癒しの回でした(^^)

TBありがとうございました
こちらからもTBさせていただきました♪

2006/09/15 (Fri) 00:29 | 編集 | 返信 |   
ERI  
お久しぶりです

大学院が夏休みなため、WATを久々に見てみたら、「ボスの送別会」の話しが出ていて、意味不明。

で、ラストまで見てようやくその意味がわかったぞーと思いきや、あれは確かにないでしょ(ーー;)

ウザいというより、あっけに取られたというか、このおばちゃん何言うとんねんって、いや、何泣いて意味不明なこと言うとんねんという感じでしたよ!

職場恋愛とヴィヴの昇進、そしてジャックの今後がとても気になります。
NHKはどうなんでしょう。TWWのS4の放送もないし、韓国ドラマの宣伝ばかりでデス妻の影も薄いし。
今からリクエストしておくべきでしょうか(-_-;)

2006/09/15 (Fri) 12:12 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
封印です(笑)

まめさん、TBありがとうございました。
普段のマリアなら「ウザマリア」程度の怒りですが
今回は許せません。
さっさと画面から消えてしまえ!と真剣に思いました。
でも娘たちにとっては母親なんだよね。
娘たちが壊れてしまわないように
この先まtた修羅場を潜らなければならないのかもしれないけど
ジャックもそこは是非気を遣ってもらって・・・
本当にご苦労様です。

マーティンのピンクシャツに目を奪われつつ
これがあの渋ガンマンのヴィンと同一人物?と思うと
ちょっと悲しくなりました。
私はやっぱりヴィンがEricの理想系なんですよね。

ERIさん、久々に観ると意味不明のWATだったと思います。
悪妻に振り回されっぱなしのジャック。
あまりにも気の毒で、怒り心頭のシーズンファイナルでした。

そしてNHKのS3への不安。
NHKでオンエアされないとスパドラに流れるかどうかも怪しげだし
何とかしてもらいたいです。

2006/09/15 (Fri) 21:46 | 編集 | 返信 |   
yasishi  
驚きの結末

なんだこれ?
ジャックの嫁も事件家族の嫁も最低でした。
嫁の真意を知ってうつむくジャック、気の毒でしかないです。
来期の人事はどうなっているのか、楽しみですが
そのまえに放送があるのかどうかの心配が先ですね。

2006/09/20 (Wed) 11:04 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
寂しいな

あれから1週間立ってしまいましたが
WATのない水曜日。
なんだか寂しいです。
半年後にこの続きを見せてもらえるのか?
この間のNHKの海外ドラマ特番を観たら
ますます不安になってしまいました。
ジャックと共にこの先がどうなるのか
祈り続けていきたいと思います。

2006/09/20 (Wed) 19:20 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  マジかいっっ?!
  • Without a trace「FBI失踪者を追え!」S2最終回を見終えた今、笑ってます。脱力感いっぱいです、何なのよこのヨメは…。さて問題はNHKがS3をちゃんと放映してくれるのかどうか、「『FBI失踪者を追え!」第2シーズンは終了しました」というテロップだったので、「『ホ
  • 2006.09.14 (Thu) 05:43 | 備忘録
この記事へのトラックバック
  •  FBI失踪者を追え!S2-#24「クルーザーの秘密」
  • WITHOUT A TRACE S2-#24.Bait英語視聴時レポはこちらから----------泣いても笑ってもシーズン2のラストエピ!----------FBI失踪者を追え!3の放映実現は、皆...
  • 2006.09.15 (Fri) 00:24 | So Close*エリック・クロース/エンリケ・ムルシアーノ