FC2ブログ
Top Page › その他のドラマ › The 4400「危険な賭け」

2006 · 09 · 21 (Thu) 21:29

The 4400「危険な賭け」

「The 4400」S2もしっかり観ています。
いつもはなんとなく勢いで、でも楽しみながら観ていますが
今回はへザー先生って素敵だなと感激しました。

へザー先生は72年(だっけ?)に連れ去られ
戻ってきて美術の先生をしています。
へザー先生の特殊能力は
子供たちの持っている芸術面の潜在的能力を引き出してあげる事。
へザー先生に触れられ見つめられると
たちまちバイオリンがうまくなったり
素晴らしい絵が描けるようになったり
思いのままに彫塑ができるようになります。
こうして今まで気づかなかった能力を引き出してもらえた子は
すでに将来の明るい見通しまで立ち始めました。

ところがグレッグはマンガを描いても下手くそなまま。
何も才能が開花されませんでした。
そこでグレッグの父がへザー先生を児童虐待で訴えます。
彼女は4400だと気味悪がり、他の親たちと
彼女を学校から追放しようとしたのでした。
実は父は連れ去られる前のへザー先生の生徒でした。
しかし子供の才能を見つけてもらった親は
へザー先生に感謝していました。

グレッグは父から期待されていませんでした。
そして彼も父をダメオヤジだと思い込み
オヤジのようになりたくない
何か自分もできるようになりたいと願います。

グレッグは銃を持って学校に行き
(銃の管理が出来てないのはやっぱりダメオヤジですね・・)
へザー先生を脅します。
僕の才能を見つけてくれ!と
へザー先生は前から試みていたのですが
残念ながらグレッグの才能は見つかりませんでした。
先生は正直にグレッグに話します。
先生が教室のスピーカーのスイッチをオンにして
管理室に聴こえるようにしていたので
先生とグレッグのやりとりを父は聞く事ができました。
父は息子を説得します。

騒ぎが大きくなってしまったためへザー先生は別の町で
また先生を続けたいと考えました。

子供たちが持っている才能、センスを
こんな形で引き出してもらえたら素敵です。
きっかけだけもらって、後は本人の努力だと思うけど
気づかずにいたらもったいないし。

そしてグレッグだって、たまたま芸術的才能に恵まれないだけで
きっと彼のよい部分があるはず。
それを教えてくれたへザー先生は素敵でした。
グレッグと父の先生への恨みも
結局は親子関係がうまくいってなかったから生じた事で
これで親子がわかりあえればきっとうまくいくと思います。

ショーンの切ない恋心(なのかな?)もいいお話だったし
記憶が飛んでしまうカイルのことは心配だけど
心地よく観終える事ができました。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

私には芸術的才能が全くないので、へザー先生みたいな先生がいたらいいなと思いました。でも私の目の中にも光がないかも…。せめてお花の感性を授けてくださいって感じです。
でもへザー先生ってそれ以上のことをグレッグに伝えられ、先生としての使命はじゅうぶん果たせましたよね。
彼女自身も勉強した部分もあったと思うし。

ショーンの恋ははかなかったですね。
2006-09-22-21:27
ぽっこ [ 返信 * 編集 ]

何かあるはず

へザー先生に芸術的資質を発掘してもらえた子はラッキーでしたが、
持ち合わせていない子も、絶対何か伸ばせるものがあるはず。
そんな希望を持たせてくれたへザー先生は素敵です。
きっと新天地で能力をいい方向に生かして行ってくれるでしょう。
2006-09-23-21:53
Garoto [ 返信 * 編集 ]

へザー先生

上手く使うことができたら、教師として最高の能力ですよね~へザー先生。
銃をかまえられた時には、今回は悲劇になるんじゃないかと怖かったデス。
土地を去ることにはなってしまったけど、無事で良かったぁ。
次は悩めるカイルの身が心配ですよね。
TBしました♪
2006-09-24-17:56
BIBI [ 返信 * 編集 ]

カイルは?

このドラマもあちこちに心配事があって
常にヒヤヒヤしながら観ています。
そこが楽しいんだと思うけど・・・

へザー先生のその後の活躍をどこかでちらりと見せてもらいたいですね。
そしてカイルはどうなっちゃうんでしょう。
怖いよぉ。
TBありがとうございます。
2006-09-25-18:24
Garoto [ 返信 * 編集 ]