fc2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S23-#3 「味方の裏切り」

2022 · 07 · 02 (Sat) 10:10

Law&Order SVU S23-#3 「味方の裏切り」

ブロードウェイを目指す25歳のタラは。ゲイブ・ナヴァロが経営するクラブに出演する。その日はゲイブの誕生会なので貸し切り状態となっていて、支配人のジュールスは今夜のパーティーの様子はSNSに上げないようにと念を押す。
タラは舞台で歌った後ゲイブに呼ばれ、膝に乗せられてHappy Birthdayを歌わされる。タラが楽屋に戻るとゲイブが追いかけてきて、タラをレイプしようとする。タラは必死で抵抗し逃げ出そうとするが、ゲイブに殴られ階段から転落する。
タラはクラブの浦口付近で倒れているのを通行人に発見され、病院に運ばれる。通報を受けたSVUが駆け付け、タラからゲイブによるレイプの詳細を聞き出す。ゲイブはマフィアなどと通じていて、警察とも親しいようだ。タラはベンソンにゲイブを逮捕してほしいと頼む。
ゲイブは様々な犯罪で7年で9回逮捕されていたが、いずれも不起訴となっていた。警察、検察と緊密なのは確かだ。フィンがジュールスに、ロリンズはクラブの従業員にタラが転んだ時の様子を聞きに行くが、誰もが見ていないと口を閉ざす。皆ゲイブを恐れているか、買収されているのだろう。プライベートの催しなので、店の防犯カメラも録画されていなかった。
カリシはタラからゲイブに電話をさせ、タラは自分の勝手なふるまいを詫びる。そして車椅子生活になりそうだと高額の治療費の援助を頼むと、ゲイブはタラが泥酔して階段から落ちたと取り合おうとしないが、そのうち金を出すなら告訴しないかと確認したり、金を出すな葬式代だと脅したりしてくる。ゲイブが犯行をほのめかす供述を録音で来たので、SVUはゲイブをレイプと殺人未遂の罪で逮捕する。
ゲイブは事情聴取に対し、タラと合意の上で性的関係にあったかもと言い始める。階段を落ちたことは知らないと突っぱねながらもベンソンに「何が欲しい?」と見返りを要求してくるので、ベンソンに時代遅れだと非難される。
検査の結果、タラから検出されたDNAはゲイブのものと一致する。さらにゲイブには3年前マイアミで、被害者は脳に損傷を追い襲われた記憶がなくなってしまったレイプ事件や、身元不明の女性が桟橋で窒息して溺れ死亡した事件の容疑者と特定された。ゲイブはシリアルキラーと断定できるが、証言できるのはタラだけだ。タラは大陪審での証言に合意する。するとベンソンとカリシはOCに呼ばれる。

OCではベルやFBI捜査官のクレイのほかに、数か月ベンソンと音信不通だったステーブラーがいた。ゲイブはイタリア人の父、ロシア人の母の間に生まれ、NYのロシア人街で育った。イタリア、東欧、ロシアの犯罪組織とコネがあった。ゲイブは国際手配をされている人物の相談役も務めていて、クレイやOCにとっては貴重な情報屋だ。クレイたちが追っているのは10年前保釈中に姿を消した大物のアントン・ポプコフだった。
ゲイブはステーブラーと話をしたいと言い出し。ベンソンも立ち会う。ゲイブはSVUによる起訴に対し、ポプコフはクイーンズの自宅で、友人を呼んで食事会を開くことになっていると情報を伝えることによる取引を申し出る。ポプコフは確かにゲイブの誕生会に来ていたのを、タラも見ていた。ステーブラーがまずポプコフの確保をする。俺を信じろとベンソンに念押しするので、ベンソンもステーブラーを信じることにする。
ゲイブはポプコフの家に監視カメラをセットしていた。ゲイブがポプコフを売る見返りは何か、SVUは気にしながらも、OCと共にポプコフの家に突入する。
使用人はポプコフはランチ中だと答えるが食事の席にはポプコフの姿はなく、直前に逃げ出したようだ。手分けして外を確認、クレイとロリンズは室内から続くトンネルを発見する。ポプコフはゲイブに導かれてバイクでトンネルを通り、外に脱出していた。しかしOCとSVUに囲まれ、ゲイブは銃を構えようとしてステーブラーに撃たれる。クレイとOCは10年以上国際手配されていたポプコフと他5名を逮捕し、犯罪組織の排除に貢献した。
カリシはゲイブの罪状認否のために彼が入院している病院に行くと、ゲイブは姿を消していた。連邦保安官が連れ出したようだ。ゲイブには証人保護プログラムが適用されていた。ステーブラーとの間で取引されたのだろう。FBIはゲイブの居場所を知っているかもしれないがそれも聞き出すことはできない。ステーブラーがゲイブを撃ったのは反射的で、計画にはなかったようだ。ベンソンは証人保護を受けても、ゲイブの暴力は止まらないだろうと嘆く。
ベンソンはリハビリ中のタラに会いに行く。タラはゲイブではなく私を守るべきだと怒る。ベンソンはこれで終わりにしない。決して諦めないと誓うが、歩けるようになるかわからないタラは、あなたは私を助けられないと受け入れようとしなかった。

クラブの歌手が経営者にレイプされ、大けがを負わされる事件。
犯人が確定しすぐに裁判かと思いきや、
その男はOCの情報屋だったというややこしい展開になってきます。
前回はベンソンの幻だったステーブラーが
今回はリアルに登場。
潜入捜査中でベンソンとも連絡が取れなかったとのことです。
そして今はOCの人間なので結果的にSVUを裏切ることに。
ロリンズやカリシはステーブラーと接点がないので全然信用していませんが
ベンソンはステーブラーがSVUのメンバーだったことや
元パートナーの立場として
やはりステーブラーを信じていたい思いは強かったでしょう。
でもステーブラーも任務をこなさなければならないし
お互い辛い立場です。

今回はクロスオーバーではなくSVUのOC版なのかなと思われますが
同時進行でOCのS2を観ていないので
ステーブラーの潜入捜査がどのように進行しているのが謎。
OCのS2を早く観たいです。
そしてキャットの抜けたSVUは人手不足。
ロリンズはカリシにSVUに戻ってきてとジョークを言ってましたが
重鎮ばかり?のSVUに若いパワーも必要かと思います。

SVU2331
髭もじゃステーブラーの復活。
20220701233835db8.jpeg
今週のロリシ。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2022-07-02

Comments







非公開コメント