FC2ブログ
Top Page › Into The West › Into The West「夢と思案」

2006 · 11 · 16 (Thu) 21:21

Into The West「夢と思案」

第三話はゴールドラッシュと近寄る南北戦争の兆し。

ジェイコブの弟ジェスロは
サンダーハートウーマンの二番目の夫となりました。
カリフォルニアはゴールドラッシュで金鉱採掘が大賑わい。
ジェスロも一攫千金を夢見て掘り続けますが
ゴミのような金しか見つかりません。
ジェスロは中国人に当り散らし酒に溺れ
家での乱暴な振る舞いに、義理の息子エイブは反抗します。
そこに従兄弟が現れ、二人が掘っていると
巨大な金の塊が見つかりました。
誰にも見つからないようにこっそり家に持ち帰り
二人は早速銀行に持っていこうと考えます。
ところが金の分配を巡って喧嘩になり
逃げた従兄弟を追ったジェスロは川で争いとなり
結果二人に悲劇が訪れます。
「金に目を眩ませてはいけない。」という教訓でした。

町に出たマーガレットはジェイコブを探していて
将校に襲われかけたところを写真屋のイーサンに助けられます。
マーガレットは写真屋を手伝いイーサンと結婚。
やがてジェイコブと念願の再会を果たします。

ウィーラー一族のサムソンは黒人を雇っていたために
争いに巻き込まれてしまいます。
ジェスロと対立していたエイブは家を出て
ポニーエクスプレスのライダーに!

ようやくポニー・エクスプレスが登場しました。
郵便を運ぶライダーたちとモッシーラ(郵便カバン)の受け渡し
(YRのように投げてなかったけど)
中継所での食事風景など懐かしいシーンが蘇ってきました。
危険と背中合わせで馬を飛ばすライダーたち。
孤児が歓迎されたのは命の保証のないことの裏返しでした。
(でも実際にはYRのライダーたちにも結構身内がいたんだな!)
ひさびさにこのかっこいいライディングに見とれていたら
字幕では「早馬便」だってさ。
これって宅配サービスの一種って感じ??悲しくなりました。
ポニー・エクスプレスはわずか1年たらずで
電信に取って代わられ姿を消したものの
(先住民が電線を切って殺されてしまいました・・・)
アメリカの歴史の大切な一コマなのに
その翻訳はひどすぎます。
YRファンは複雑な心境で観ておりました。
(しかしYRも1年ちょっとの歴史を
3シーズンのドラマに延ばしたってわけで
それなりに大変だっただろうな!)

オホーツク海での地震による津波の影響で
画面には緑の日本列島が乗っかりっぱなし。
下には本来の字幕、上には津波情報と
とても観辛い画面でした。
BS日テレには是非早急に再放送をお願いしたいものです。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

garotoさんのおかげでボニー・エクスプレスをきちんと
認識して見る事ができました。「オレゴン・トレイル物語」
も図書館で借りてきました~厚くて読めるかしら~(汗)
マシュー・モディーン、たったこんだけですか(涙)
2006-12-03-19:51
atsumi [ 返信 * 編集 ]

atsumiさん、お勉強ご苦労様です♪
私は半端じゃないくらい「ヤング・ライダーズ」にはまったために、この時代については徹底的に学んでしまいました。
以前YRファンの仲間たちとポニーエクスプレスのゴール地点のサクラメントまで行って記念館等を見学したり、ポニーエクスプレス保存会(っていうのかな)の人たちが実際のルートを走って伝える「リライド」というのを見せてもらったりしてきました。
実際には1年ちょっとしかなかった制度ですが、今でも大切に受け継がれています。
「オレゴン・トレイル物語」はワゴントレイルの苦労がよくわかります。
あとは日本で「荒野の七人」S2がオンエアされれば理想的なんですが・・・

マシュー・モディン、あっさり消えましたね。
かなり大物俳優がどこに出てたの?って感じで消えていくのがもったいない感じでした。
2006-12-04-19:45
Garoto [ 返信 * 編集 ]