FC2ブログ
Top Page › Into The West › Into The West「地獄の運命」

2006 · 11 · 23 (Thu) 12:46

Into The West「地獄の運命」

第4話は鉄道敷設と脅かされる先住民たちの物語。
どちらが先に大陸横断を成し遂げるか
セントラルパシフィック鉄道とユニオンパシフィック鉄道の
熾烈な競争が始まります。
ここで底力となるのが中国人たち。
万里の長城を築いた実績を見込まれているものの
白人たちが押し付ける過酷な労働条件に
耐えていかなければなりません。
ポニーエクスプレスから鉄道敷設作業に転職したエイブは
中国人のチョウと親交を深めます。

一瞬の登場しかなくてもやたらとキャストが豪華なこのシリーズ。
エイブを演じているのは「エンジェル」のリンジー・マクドナルド、
チョウを演じてるのは「スタートレック・ボイジャー」のハリー・キム
私には無縁の世界ですが、
海外ドラマファンには嬉しい顔合わせですよね。

ウィーラー家も馬車の車輪から鉄道の車輪に矛先を替え
一儲けを図ります。
ダニエル・ウィーラー(こちらは「ミレニアム」のフランク・ブラック)
の強引なやり口に息子のロバートはついていけず
サムソンが襲われたとき逃げてきたクララを
ダニエルが喜ばしく思っていないことも気に入りません。
クララは逆境に耐え衣料店を開き
ロバートはクララに恋します。
ロバート役のWarren Koleがいい感じだなと思ったら
彼はTWS5の100回記念エピ「誰かが泣いている」で
ボスコたちを混乱させる謎の男トミーを演じてました。

マーガレットとイーサンは馬車で移動中シャイアンに襲われます。
二人はシャイアンのチーフ、ブラックケトルに引き合わせられますが
イーサンが部族の者たちの写真を撮ってあげたり
マーガレットがラコタであることを知ったりして
ブラックケトルは二人を温かく迎えます。
だが襲ってきた民兵軍にイーサンは殺され
マーガレットはシャイアンの一員として
ブラックケトルらと暮らします。
ブラックケトルは平和な暮らしを望み
政府との条約締結に向けて努力しますが
民兵軍は彼らを受け入れようとしません。
「サンド・クリークの虐殺」で多くのシャイアンが殺されます。
マーガレットも捕らえられますが、そこで民兵軍の偵察兵となっていた
ジェイコブJrと涙の再会を果たします。

コロラド、シャイアンで思い出すのがDQ。
ブラックケトルも出てきてたっけ。
サリーも白人と先住民の中間で苦労していた一人でした。
ここにクラウドダンシングの叫びが聴こえてきそうな気がしました。
DQももう一度CSで再放送してくれないかな?

今回のブラックケトルを演じていたのはWes Studi。
渋い演技が光っててかっこよかった♪
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

この回はまだ見てないんですが、やっと3話まで見ました。最初はボケーッと見てたのに、いつの間にか引き込まれて、一気に3話まで鑑賞終了。デス妻を捨てたことに後悔はありません(笑)。

それにしても津波情報はひどかったですね。緑の日本列島に、黄色と赤の注意報警報が点滅。ジェイコブと家族の再会シーンも、クリスマスツリー化した日本地図で表情がまるで見えませんでした。残念。
2006-11-24-12:46
rosedale [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、こんにちは。
シャイアン、そしてブラックケトルの登場に思わず胸が熱くなりました。
ブラックケトルは白人のチーフ(大統領)にも敬意を払い、あんなにも平和を望んでいたのに虐殺事件が起きてしまったのですよね。
相手を理解しようとしない姿勢がこのような残酷な事件につながってしまうのだと思うと本当に悲しいです。
マイク先生も荒れてましたっけ。

Dr.QuinnはLaLaあたりでやってくれそうなドラマですけど…本当にどこかでまた放送してほしいです。
2006-11-24-12:51
Ayano [ 返信 * 編集 ]

今回はドクタークインファン必見エピでした!

>Rosedaleさん
私もデス妻を捨てたことを全く後悔していませんが、Intoが終わったらまた戻れるのかが不安になってきました。
Leeの出演エピは観るつもりだけど。
津波情報+日本地図は実に邪魔でした。
リアルタイムで観てても十分目障りだったのに
あとで録画だとさらにどうでもいいですよね。
第3話は再放送あるらしいです。
これで録画保存なんて耐えられないもん。

>Ayanoさん
シャイアンやブラックケトル、懐かしかったです。
あの中にサリーやクラウドダンシングにいてもらいたかった。
DQで学んでいただけに、今回のエピは深く心に残りました。
LaLaでDQ、いいですね。
出来ればノーカット版でオンエアしてもらえればさらに嬉しいです。
2006-11-24-20:41
Garoto [ 返信 * 編集 ]