FC2ブログ

Cold Case「森」

シーズンファイナルにふさわしい恐怖感。
「ハンター」のエピソードの続編。
首なし死体の理由がわかり、
ラストはリリーとジョージの作られた森の中での対決。
リリーの辛い過去も判明。
捜査官は皆、過去を引き摺って生きているんですね(By CSI:Miami)

今回も音楽が素晴らしかった。
Jethro Tullの「Aquarung」が使われるなんてセンスいいな。
その前のDoorsもよかった。
でファイナルがThe Whoの「Behind Blue Eyes」
まさかCCで??
これこそCSI:NYのエンディングテーマにと思ってたのに!
CSIシリーズでのThe Whoは当たり前だとして
他のドラマで使われるのは嬉しいです。
今回の「Behind Blue Eyes」をはじめ、
CSI:NYでおなじみの曲が詰まっている
「WHO'S NEXT」名作です。
その素晴らしさについては年末にWOWOWで
「Rock The Classic WHO'S NEXT」特集がオンエアされますので
こちらをご覧下さい。(ちょっと宣伝)
しかしBeatlesやStonesの楽曲が
ドラマにかかることなんて滅多にないのに
海ドラファンにはすっかりおなじみのThe Who。
これってピートが自分の曲を安売りしてるってこと?

すっかりエンディングで興奮してましたが
超ショートバージョンだった「Behind Blue Eyes」
こんな編集もありなのかなと別の意味で驚きました。
スポンサーサイト



コメント 5件

コメントはまだありません
atsumi  

さすがgarotoさん、音楽を語らせたら右に出るもの
なし!ホントにぴったりでした、特にラストのThe Who。
全てのたたずまいにぴったりの曲でした。
一回でいいから、リリーがほっとする話とか、
他のドラマで、ほらよくあるじゃない、ミュージカル仕立ての
エピ、あ、だめだ、考えただけで不発。無理。
とにかく、もうちょっとリリーが息をつける話が
あれば。そうか、リリーお休みの回でも?!
すみませーん不謹慎なコメントで。
TBさせていただきます♪(うまくいけば)

2006/12/03 (Sun) 19:45 | 編集 | 返信 |   
Anne  

こんにちは。
ジョージにとってリリーに撃たれるというのも、やはり想定内だったんでしょうか。あんなやつ、ああいう目にあっても仕方ないと思いつつ、あいつの思い通りで終わったとすればそれも癪みたいな、微妙な気持ちでした。
そしてエンディング曲、本当にぴったりで、じっくり聞き入ってしまいました。いつも誰が曲を選んでるんだろう。素晴らしかったです。
こちらからもTBさせていただきますね。

2006/12/04 (Mon) 08:26 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

重たく沈んだ気分になりつつじっくり楽しめたCC。
特に音楽は得意な時代になるとウキウキしながらイントロ当てをしてました。

>atsumiさん
The Whoはもう長年ファンをやってますが、CSIシリーズでしつこく聴くようになってさらに愛着が増したみたい。
Behind Blue Eyesは絶対どこかに使われるだろうと信じていたら、こんな形で遭遇できるなんて大感激。
今回は頭とシッポをくっつけた不思議バージョンでしたが、あの余韻の後CSI:Miamiテーマが始まるんですよね。
「Who's Next」ってとんでもないアルバムです。
リリーお休みのエピ、あってもいいと思います。
単純に熱出して寝込んだなんていう感じでもよし。
代わりに頑張るオヤジたち!それも見応えあるかも。
TBありがとうございました。

>Anneさん
最後まで読めない展開でしたね。
まあリリーが撃たれたらドラマが終わっちゃうのでそれはないと思いましたが、スティルマンが撃つかなって気はしてました。
リリーの子供時代の苦しみも知ることになってしまいましたが、犯罪ドラマの主人公ってどうしてことごとく過去に苦しみを背負ってるんでしょう。
たまには温かい家庭に恵まれた刑事さんがいてもいいと思うんですが(笑)
選曲の素晴らしさにはいつも感激。任されたら自分でやりたいかも♪
TBありがとうございました。

2006/12/04 (Mon) 20:35 | 編集 | 返信 |   
yasishi  

S1で仲良しチームが好きになり、今シーズンはチームはぎくしゃくしていましたがボスの素敵さにやられました。
突撃するボス、格好よかったなあ。
The WHOはブラッカイマーと独占契約しているのでしょうか?
TBさせていただきます。

2006/12/06 (Wed) 12:53 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ブラッカイマーがThe WHO好きなのか、ピートがブラッカイマー好きなのか、相当癒着してますね♪
スティルマンは実に理想的なボスでした。
「ブルックリン74署」時代にも地味ながら安定感の感ある警官でしたが、ボスになっても目立つことなく、でも頼りになる素敵な存在でした。
やっぱりドラマの決め手はオヤジかと(笑)
TBありがとうございました。

2006/12/06 (Wed) 19:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 3件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  やっぱりこうでなきゃ。
  • 「コールドケース」S2終了。リリーは最後まで一人で立っているのだなぁ。で、終了後即出ました、『「コールドケース3」放送決定!』2007年だそうです、こうやって視聴者を安心させてくれるwowow、NHKとは大違いだ。WATのS3は、どうなるんでしょうね~ほとんどのファンがNHK
  • 2006.12.03 (Sun) 19:47 | 備忘録
この記事へのトラックバック
  •  コールドケース2 第23話 森
  • コールドケース ~Cold Case~第23話 森 The Woodsずっと空き家だった家の裏庭から9つの頭蓋骨が見つかった。すべての頭蓋骨には剥製の鹿の目がはめられており、そして空き家の屋根裏部屋を見上げるような角度で横一列に並べてあった。リリーとヴァレンズは鹿の目を見た
  • 2006.12.04 (Mon) 08:27 | Comedy Show
この記事へのトラックバック
  •  コールドケース2-23「森」
  • 9話「ハンター」の資料室の男ジョージが再登場。 気持ち悪さがよみがえります。 でもボスは格好よかった!
  • 2006.12.06 (Wed) 13:08 | newささくれた日々