FC2ブログ

Into The West「亡霊の踊り」

ついに最終話にたどり着きました。

ロバートはラコタの居留地に食料を運搬、
クララは子供たちを教えながら生計を立てていた。
近くに年老いたジェイコブとサンダー・ハート・ウーマンが住んでいた。
居留地に成長したジョージが戻ってくる。
ジョージはNYで勉強をしていた。
白人の身なりをしたジョージに兄弟は戸惑うが、再会を喜ぶ。

居留地を見張る政府の役人は
先住民たちが交霊の踊りに没頭する事を恐れていた。
取材に来た記者たちはその様子を大袈裟に吹聴。
先住民が白人を襲いかねないと書きたてた。
役人は先住民を抑えるために、軍隊の介入を要請する。

サンダー・ハート・ウーマンはもう一度娘の姿を観たいと言い出し
ロバートは居留地に貼り紙をする。
それをマーガレットが発見。親子はようやく感動の再会を果たす。

ついに政府はシッティング・ブルを捕らえられ、
やがて軍隊による先住民の大虐殺が起こる。

先住民たちは迫害され続け、挙句の果てに大虐殺されてしまいました。
もともとはよそ者なのに、先住民たちを追い出し
我が物顔のように振舞う白人たち。
今でこそこうして自分たちの犯した罪に振り返っていますが
本当に失礼な話だなと思います。
白人社会で生活していたのに、
ラコタの地に骨をうずめる決意をしたマーガレット。
白人社会で学んだが、最後はラコタとして闘ったジョージ。
彼らの苦悩を観ていると、ふとYRのバックを思い出しました。
白人と先住民の間で生きる彼も、様々な苦労を抱えていたっけ。
そしてカイオワであることを誇りに思っていた
バックの姿が蘇ってきました。
YRから本当にいろんなことを学んだんだな・・

そういえばシッティング・ブルがらみの話で
バッファロー・ビルの名前が挙がって感激。
どうせならオヤジ化したSBに、
バッファロー・ビルを演じてもらいたかったです。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
atsumi  

小役人やらせるといつもぴったりなDavid Paymer、
いい人の役もあるけど(wowowで最近放送されてた
ケネス・ブラナーがルーズベルトのTV映画では
いい人だったよね)、どちらかというと、ずるいor小心者の
役のほうが目立つような。
一応の大団円、未来へと現在へと続く道は、まだまだ
血と涙の跡が絶えないけれど、子供達の輝く眼には
希望の光が。

2006/12/11 (Mon) 23:21 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

頼りにならない小役人。いかにもぴったりのキャストでした。
オヤジバージョンのロバートを演じてたクレイグ・シェーファーの姿を久々に観ましたが、こんなに老けてたっけ!ってショックでした。
昔はお気に入り俳優の一人だったのに。
みんなオヤジになっちゃいますね。

重たいInto the Westの後、WOWOWの大草原の小さな家を1話観て、心が洗われました。でも先住民が襲ってきたし(今度はモヒカンだ!)また考えさせられる部分も多いのかも。
これから頑張って続きを観ます。

2006/12/12 (Tue) 20:35 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ