FC2ブログ

NIP/TUCK「レア・レイノルズ」

体に受ける傷より心に受ける傷の方が痛みは大きい。
でも顔面手術シーンは十分痛々しかったけど。

マットはショーンやジュリアに内緒で
ショーンに自分に近づけなくなるよう接近禁止令を取り付ける。
子供が父親にそんなことできちゃうの?と気になったけど
今度は担当者が妹を捕まえ、父親についていろいろ質問を始める。
これにはジュリアも怒りを爆発。
結局接近禁止令は解けたが、
マットは全くショーンを受け入れようとしなかった。

クリニックに来た60代の女性エリーは
アルツハイマーになった夫に、自分を思い出して欲しいと
20年前の顔に戻るよう処置を頼みに来る。
夫を傷つけてしまったと悲しむエリーの言葉に
リスクを伴う手術だったがショーンは合意し
自ら家族を傷つけたことへの償いの気持ちを表しながら
ショーンは術後も丁寧な対応を取る。
若返ったエリーをショーンは養護施設に連れて行く。
夫はきれいになった妻に関心を示すが
次に夫はエリーに施設で出来たGFを紹介する。
やはり夫が理解できなかったらという危惧はあったものの
それ以上のショックが戻ってきた。
ショーンはエリーに気を遣うが
エリーは夫とGFと一緒に過ごす事を選ぶ。

再びカーバー事件発生。
カーバーに顔を切られたリアという女性が運ばれてくる。
彼女のたくましい精神力にクリスチャンは驚き
リアの手術を引き受けるが
そのうち彼女の話のインチキ臭い部分をかぎつける。
手術の際麻酔が効かず、
リアはクリスチャンとクエンティンの会話を聞きながら
相当痛い思いをしていた。
術後リアは弁護士を連れてクリニックを訴えに来る。
だがリアの魂胆が見えていたクリスチャンは真っ向から対決。
頬の傷もカーバーのナイフではなく
グレープフルーツナイフで自分で切ったと主張する。
それに対しリアは思わずブレッドナイフと訂正して
自分の芝居を暴露してしまった。
そして今度は本物のカーバーが、リアを襲いに来る。

かーバー出現のタイミングのよさから
もしやカーバーはクエンティンって疑いたくなるけど
クエンティンはそこまでバカじゃないよね。

レイプの傷が癒えていなかったクリスチャン。
「ケツの穴が痛い。」とショーンに診察してもらいますが
(今更ながら・・でもドキッとするシチュエーションでした)
肛門に異常は見られませんでした。

息子と和解できず苦しむショーンは
思わず腕にナイフを当てて切りつけます。
腕の痛みが心の痛みを解放してくれるのか?
まだまだ苦しみは続きそうです。
 



スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
振り向くとそこにはカーバーが……
ぞっとして思わず鳥肌が立ってしまいました。

麻酔が効かなかったと言われて自分を停職にするよう言うリズは、なんだかんだでクリスチャンとショーンのことをとても気にかけているんだなと思いました。本当の人格者ですね。

クリスチャンはなんとか傷を乗り越えられそうだけど、ショーンの行く末はまったく見えず…本当にどうなっちゃうんでしょう?
TBさせていただきます。

2007/02/08 (Thu) 00:14 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
痛いです(泣)

N/Tの手術シーンはどれを見てもぞっとするけど
顔面手術もイヤだな。
リアのつぶやきはあっちへ置いといて
エリーの若返り手術が観ていて結構キツかった。

リズは人間が出来てますね。
っていうかあのクリニックで一緒に働いていくには、人格者じゃないと無理かも。

ショーンの腕の傷。整形外科医がこんなことしてていいのかな?
一応考えながら切ってるのかもしれないけど(恐)あとで我に返ってクリスチャンに傷を隠してもらうような展開になればいいんだけど。
TBありがとうございました。

2007/02/08 (Thu) 20:12 | 編集 | 返信 |   
suubi  

心の痛みはすごく激しい感じなのに、静かにリストカットする
シーンにまた更に痛みが増しました…。
もう痛くて痛くてたまりません!(泣)

クリスチャンって、突然「そこまで言うか?!」ってくらい
まくしたてるけど、そういう時って結構彼の言い分が当たって
いたりしますね。

クエンティン、バカかもしれませんよ…?(笑)
TBさせて頂きます。

2007/02/08 (Thu) 21:48 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
怪しいクエンティン

毎週痛そうなN/Tですが、今回の痛みは格別でした。
リストカットして心の痛みを紛らすなんて、あまりに痛すぎです。
クリスチャンの言い分、説得力ありました。

そして怪しいクエンティン。
もしやカーバーか?って気もしたけど、単に救いのないオヤジかもしれませんね。
TBありがとうございます。

2007/02/09 (Fri) 20:15 | 編集 | 返信 |   
ぽっこ  
解放は一時

親子関係もここまでこじれてしまうと
修復するのはかなり難しいようですね。
ショーンは焦るあまり気持ちだけが空回りしているみたい。
自分の腕を切ることは一時の痛みから解放されるだけで
苦しみを和らげるとは思えないです。
とても観ていて辛い話でした。

自分を忘れた夫に昔の自分に戻ってめいいっぱいお洒落して
会いに行ったエリー。夫をすごく愛しているんだなぁってせつなかったです。

TBさせていただきます♪

2007/02/09 (Fri) 22:42 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
ショーンの後悔

きっと後で腕の傷を見ながらまた悩むんでしょうね。
辛いなぁ。
マットもこのまま壊れていって欲しくないし
どうしたらいいんでしょう。

エリーの気持ちを汲みながら、優しくフォローするショーンは
とてもいい人に思えるのに・・・
世の中上手くいかないものです。
TBありがとうございます。

2007/02/10 (Sat) 11:41 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 3件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  NIP/TUCK #33
  •  またカーバーによる被害者が出る。クリスチャンは一度は手術を断るが、自分の心の傷を乗り越えるためにも引受けることにする。しかし被害者のレアという女性と話をしているうち、彼女がカーバーに襲われたのは嘘で
  • 2007.02.08 (Thu) 00:15 | Daily Shout
この記事へのトラックバック
  •  『NIP/TUCK』 シーズン3 第33話 “レア・レイノルズ”
  • 今回も、精神的・肉体的に痛いストーリーだった…。クリニックを訪れた老齢の女性エリー。彼女の夫はアルツハイマーで、そうなってしまったのは自分の責任であり唯一夫が覚えている若い頃の自分の顔に治して欲しいとシ
  • 2007.02.08 (Thu) 21:49 | 海外ドラマにハマる!
この記事へのトラックバック
  •  Nip/Tuck3 #33「レア・レイノルズ」
  • 「ご不満な個所はどこです?」今回はショーンが面接。60代になるハークネス夫人はアルツハイマーになった夫が唯一覚えていて愛している女性である時代(結婚20周年頃)の顔に戻りたいと相談する。夫に自分を思
  • 2007.02.09 (Fri) 22:30 | ドラマがディナー