FC2ブログ

SFU「本音」

今回のお葬式は
空飛ぶ裸のお人形さんを天使と勘違いし
神の奇跡を信じたために交通事故に遭ってしまった女性。

ネイトはマヤの子育てに専念。
ようやく自分なりにリサの死を受け入れたようだが
妻が神に召されたと納得している夫の様子が気に入りません。
葬儀の打ち合わせ中でも、感情を顕わにすべきだと意見し
デイヴィッドをハラハラさせます。
結局ネイトはこの仕事は自分に向いてないと辞職を願い出ます。
公園でマヤと遊んでいるネイトのところにナサニエルが現れ
ネイトの思いに納得。

フェデリコはストリッパーのソフィアの家に入りびたり
ソフィアもフェデリコを都合のいいように操り始めます。
当然ヴァネッサは不信感を抱くが・・・
いつヴァネッサにバレちゃうのかな。

決意新たに宣言をしたキースは
早速セレブ御用達のセキュリティ会社に面接に行き
ボディーガードの仕事を始めます。
キースの風貌はまさにうってつけ。
でも仲間のボディーガードの会話についていけず
ものすごく無理しながらお姉ちゃんのお尻を褒める事に。

ネイトが仕事を辞めてしまったので
フェデリコとアーサーと3人で
葬儀社を運営しなければならなくなったデイヴィッド。
おまけに配水管が詰まって死体処置室の床に血が噴出して
シャイニング状態。
クレアは喜んで写真を撮っていましたが。
デイヴィッドは早速配管工を呼んで修理をしてもらいましたが
配管工はついでにフェラのサービスまでしてくれました。
キースが帰宅した後、デイヴィッドは正直に状況報告。
キースは笑って受け止めてました。
今のところ二人の関係を心配しなくても大丈夫かな。

ジョージは相変わらずフィッシャー家で歓迎されていません。
特にイライラしているのがアーサー。
せっかく名前を書いておいたヨーグルトは勝手に食べられちゃうし
自分が持っていた知識を話すとあっさり否定されるし
ジョージも自分が受け入れられてないことに気づき始めますが
そんなときに送られてきた荷物の中身にビックリ!!
これってアーサーの仕業かなぁ?
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
suubi  

まぁ、あの歳の大人な子供さん達に、そんなりすんなり
受け入れられないでしょうね~。
ジョージはどうしてほしいのでしょう。ルースのあの愛情表現で
とりあえず十分な気がしますが…。
デイヴィッドとキース、なかなか順調そうで何よりです。
アーサーVSジョージ?が気になります(笑)
TBさせて頂きます。

2007/05/28 (Mon) 21:31 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ジョージも彼なりに頑張ってる気はするけど、今までの自分を変えるのは難しいだろうし。
でもアーサーの事はちょっとわかって欲しいなって気もします。
まだアーサーの無言の抵抗が続くのかな。
デイヴィッドとキースは今のところお互いを受け入れられてるけれど、この先どうなるのかが心配です。
TBありがとうございます。

2007/05/29 (Tue) 20:04 | 編集 | 返信 |   
denyu  

どうも。
ネイトの訴えたかったことはわかる気がします。確かにあの父親はデビットやフェデリコがいうような、悲しみや苦しみを乗り越える為に神を信仰しているようには思えなかったです。木陰で泣いてた息子がかわいそうだったけど、ネイト全然声をかけることもなく無視っていきましたね。

でもネイトが急に辞めたりしたのがちょっとワガママじゃない?って思ってしまいました。フェデリコもちょっといただけないですね、ヴァネッサはほんとに病気だったけど、自分がダンマリなのは浮気が原因でしょ?
結局まともに頑張ってたのはデビットだけで、修理屋兄貴に御褒美もらったんですね。
イーディーのパフォーマンスもぶっ飛び過ぎてて正直何を訴えたかったのか理解できませんでした。けど、明日が来ないかも知れないってみんな自覚すべき。という言葉には、「確かに…」って納得。エレクトーンをあんなふうに使うなんてなんとも斬新でした。

2007/05/29 (Tue) 22:41 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ネイトはこのまま葬儀社を見捨ててしまうのかな?
前回はデイヴィッドの力を借りてリサを地面に帰せたのに・・・と思うとわがままも多少感じてしまいます。
でもネイトの性格ではこの先もトラブルを起こしそうだし、賢明な選択だったのかな。
デイヴィッドのご褒美が新たな波紋を呼ぶのではと心配でしたが、今回はとりあえずOK。しかしキースの新たな職場も誘惑が多そうだからねぇ。
フェデリコは泥沼にはまる前に戻ってきてもらいたいです。

2007/05/30 (Wed) 20:04 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック