FC2ブログ

SFU 「避難」

ファイナルに向かってどんどん雲行きが怪しくなってきました。

バーバラ夫妻がネイトの家を訪ね、リサの遺灰について質問をします。
ネイトはリサの遺志を尊重してとはっきり言ってから
実は遺灰は古い別人の物でリサは砂漠に埋葬したと真実を明かします。
バーバラは当然激怒。
家族は赤の他人の遺灰を拝んでいるわけじゃないですか。
再度バーバラは「ネイトには任せてはおけない。」と
マヤを奪い取ろうとネイトの家に乗り込みます。
ネイトはバーバラを追い出し、マヤを絶対渡すものかと決意しますが
ブレンダはネイトがリサの事を隠していたのにショックを受け
子供を持ちたいという希望も
ネイトがマヤを守ることに専念したいという理由から
先送りになってしまいます。
やっぱり最後になってこじれてきましたね。
母が倒れたことでブレンダとビリーは久々に顔を合わせましたが
お互い落ち着いていました。
Kidnapped以降のビリーはすっかり人が変わっちゃった気がします。

ジョージはいつ来るかわからない地震に備えて
水を蓄えておくべきだと水のタンクを買い込みます。
それがまた半端じゃない量で
地震国に住む我々も見習うべきかも(でも置き場がない)
ルースがかつて使用していたシェルターがあることを話すと
ジョージは大喜び。
早速より居心地のいいシェルター作りに励みますが
せっかく二人の時間を持てると思っていたルースはがっかりです。

クレアは顔写真のコラージュ作品が高く評価され
展覧会にも出展してもらえるようです。
フェデリコは、バネッサが頼んだベビーシッターを追い出して
自宅に居座ります。
子供たちにとってはお父さんがいる方が嬉しいよね。

映画プロデューサーとバトルしてしまったデイヴィッドは
プロデューサーに賠償金を要求されます。
デイヴィッドが簡単に支払える金額ではありません。
でも裁判に持ち込んでもやはりお金が掛かかります。
キースは弁護士抜きでプロデューサーに会う事を提案。
彼の話しぶりから、キースが体を提供すれば丸く収まるのではと考え
キースは実行に移します。
その際若干デイヴィッドのことをボヤいてたけど
自らを犠牲にして恋人を救うキースはステキ♪
ようやく悩みも解決したかと思ったら
デイヴィッドがまたひどく落ち込んでいます。
デイヴィッドを痛めつけた容疑者が逮捕されたので
面通しに来いと警察から連絡があったのです。
デイヴィッドの悪夢が再現?
果たして耐える事ができるのでしょうか。
(その結果がDEXTERへの変身ですか?)

家族全員を交通事故で失い、一人ぽつんと残された少年。
これからどうやって生きていくのだろう。気の毒すぎました。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
yasishi  

家族全員を亡くした少年のこれからを心配していた矢先に、ネイトへの暴言です。
私、ネイト以上にびっくりしてたかも。

デイヴィッドは訴えを取り下げてもらえて何よりですが、カージャックの犯人が捕まったようだと連絡を受けたあの表情のない顔。
よくなるどころかまた悪夢に逆戻りの気がしてなりません。
次回で終わりなんて。13話ペースだったのにS4は12話なのですね。

2007/07/28 (Sat) 11:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ネイトへの暴言、妄想でよかったけど本当に驚きました。

デイヴィッドがまた悪夢を思い出さなければならないのは気の毒すぎます。だからDEXTERになっちゃうんだ・・・って逃げ道があるけど(苦笑)DEXTERを知らなかったら救いなく終わりそう。

また怒涛のシーズンファイナルなんでしょうね。

2007/07/28 (Sat) 11:51 | 編集 | 返信 |   
suubi  

毎シーズン、怒涛の展開過ぎます…。
それがまたたまらなく面白いドラマなんですが。

マヤの存在あってなんぼのネイトみたいなので、
もう彼がグダグダなるのは見たくないです。
同じくデイヴィッドの鬱ぶりも早く回復してほしい。
この辺りが次回でハッピーになるとも思えない(泣)
あ、ビリーはナップ仕様にしか見えないですね(笑)
TBさせて頂きます。

2007/07/28 (Sat) 21:47 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

常に問題山積みのフィッシャー家。
それがこのドラマの面白さだとは思いますが、ネイトもデイヴィッドもちょっと落ち着いて欲しいですよね。
でもきっとまたとんでもないクリフハンガーなんだろうな・・
ビリーはナップ化したとたんすっかり善人になってしまって、もう元には戻らないのでしょうか?
TBありがとうございました。

2007/07/29 (Sun) 22:03 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック