FC2ブログ

GSG-9 「大統領夫人を救出せよ」

大統領夫人がベラルーシのドイツ大使館を訪れる事になり
デミアとコニーがボディーガードを担当する。
夫人の単独行動のせいか、大掛かりな警備ではなく
コニーが運転手、デミアが同伴。
とても特殊部隊の仕事には見えない。
だが夫人が大使館に入った後、記者を名乗る女性が大使館に突入。
デミアとコニーが銃を構えるが
彼女は体に爆弾を巻きつけ、銃と爆弾スイッチを握っていた。
職員は直ちに外に避難。
3人と大使は女性の指示に従わざるを得ず
大使館の中で人質になる。

金髪王子は運転手。
ベラルーシは元白ロシアなんて話を語り、
博識なところをひけらかしています。
そして前回の天然痘テロで病院に隔離されたときに続いて
再び捕らわれの身に。
今度は後ろ手に縛られ、もちろん抜け出る事は可能だけど
女性(ヤニナ)を刺激しないようにと大人しくしています。
ところが銃を持った男が突如現れ、コニーの制止も聞かず
ヤニナを撃とうとしたため、逆に撃たれてしまいます。

GSG本部に大統領夫人が人質になった情報が伝わると
チーム50は救出のためにベラルーシに飛びます。
現地にはベラルーシの特殊部隊が構えていました。
向こうの方が装備が上等なんてフランクたちはぼやいていましたが・・・

撃たれた男はまだ息があるので助けたいと
デミアは男を外へ運び出すことになります。
(こういうときに王子は手を出さないんだな・・・鉄則?)
外との接触を禁じられたデミアだけど
男の胸に携帯が入っているのを見つけ
運ぶ際にこそっと内部の状況を携帯に残しておきます。

デミアが戻ってくると
今度は交渉のために丸腰でゲープが大使館何に入ることにする。
大使館内はドイツの管轄であり、交渉の権限はGSGにあるはず。
だがベラルーシ特殊部隊は約束を無視して
同時にずかずか入り込んでくる。
そしていきなり銃撃戦に!

ヤニナはベラルーシの反体制派の夫が政府を告発しようとして
大佐に暗殺された現場を映した録画ディスクを持っていた。
彼女の要求は母や息子がいるドイツに亡命することだった。
そのためにドイツ政府に保護してもらおうと
爆弾騒ぎを仕組んだのだ。
ヤニナは実は爆弾は持っていなかった。

ベルリンではヤニナにメッセージを送ろうと
母と息子がテレビで語りかけます。
その後遊んでいる息子を大佐の部下が捕らえようとしますが
息子は警察に逃げ込み難を逃れます。
ヤニナはドイツに送られることになるが、
ベラルーシ側はいい顔をしません。
空港までしつこく追いかけてきますが
GSGが身を挺してヤニナを守りました。

ヤニナの亡命騒ぎに大統領夫人以下が振り回されてしまった話。
もっと他の方法もあったはずなのに。
ヤニナの言い草には夫人もお怒りでした。
そして外国内の自国という微妙な位置での小競り合いも
緊張感が漂い面白かった。
ベラルーシの人たちが喋っていたのはロシア語?
全然わからない世界の言葉でしたが
GSGが向こうの特殊部隊に命じるときは英語になるんですね。
突如聞きなれた言葉が耳に入ってきてほっとさせられました。

gsg1.jpg

銃を構える金髪王子。クールです♪

gsg3.jpg

縛られても美麗。一応緊張してますが。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
びち  

フランス語を操る金髪王子も、さすがロシア語はちんぷんかんぷんだったようですね。
今日もスーツ姿が美麗でした。
そうそう!英語で指示していましたよね。
最初はドイツ語だったのに・・・緊迫してくると英語なんだ~なんて、思ってみていました。
しかし、ベラルーシの大佐も、少年捕獲部員も、銃を持ってきて入ってきた男も、ちょっとマヌケでしたね。余計にGSGー9のメンバーが素敵に見えました。
ゲーブの奥さんの話はちょっと余計なんだけどなぁ。。続きそうですよね。
久しぶりにTBしまーす♪

2007/07/29 (Sun) 23:20 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

武装姿もかっこいいけど、それ以上にスーツ姿が映える金髪王子。
ほんとに運転手じゃもったいない・・・と思ったらあっさり捕まってしまいました。
王子を演じるアンドレーアスは実生活でもフランス語は堪能なようです。ロシア語は喋れないと思いますが。

元KGBがとかなんとか言われてたわりに、確かにベラルーシの部隊は見た目よりは使えませんでした。
ゲーブの家庭内のゴタゴタはまあ勝手にやっててください。王子に家庭臭さがないのが幸いです(爆!)
TBありがとうございます。

2007/07/30 (Mon) 10:35 | 編集 | 返信 |   
適当谷損気  
はじめまして

「コブラ11」でドイツドラマの魅力を知ったクチです。

ドラマ関係ではまだまだアメリカヨイショな日本ですが、「コブラ11」はいい加減に未公開分の輸入を再開してほしいです。

ところで、ラストで大佐を撃ち殺したベラルーシの憲兵さん、「コブラ11」の「追われて!」という話にも出てました。
ゼミルと建設現場で格闘してた殺し屋の人。

乱文失礼いたしました。

2018/07/31 (Tue) 12:38 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

こんにちは。
ずいぶん前の日記にコメントありがとうございます。
ドイツドラマ、もっと観たいですけどなかなか日本に来ませんね。
「コブラ11」も一部分しか来てないですからね。

今はネトフリのドイツドラマ「Dark」を観ていますが、美麗コニーが単に薄汚い怪しいオヤジになり下がり
(そういうキャラクター設定なので仕方ないけど)
ちょっと悲しいけれど、昔は美しかったんだとしみじみしています。

また是非ドイツドラマの魅力を教えてください♪

2018/08/01 (Wed) 06:39 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  GSG-9 #4「大統領夫人を救出せよ」
  •  コニーとデミアは、ベラルーシに出かけた大統領夫人の護衛についていた。大統領夫人の乗る車が、ドイツ大使館内に入った所で、後ろから、一人の女性の乗った車が、大使館の警備を突破して入ってくる。すぐに犯人確保に動こうとす
  • 2007.07.29 (Sun) 23:20 | びちのお気に入り