FC2ブログ
Top Page › ER › ER 「そぐわない相手」

2007 · 07 · 31 (Tue) 09:14

ER 「そぐわない相手」

交通事故を起こしたティーンエイジャーの男女が運ばれてきます。
少女はこん睡状態、
警察は黒人の少年をカージャック犯と決め付けますが
彼は聾唖者なので言葉を伝えられずにいました。
レイがそのことに気づき、筆記で少女の状況を聞きだし
ジェリーが手話が出来るのでその後の会話を担当。
少年は少女を助けようと必死で取った行動が
少女の親や警察の誤解を招いたのでした。
警察は少年に謝ります。
意識を取り戻した少女に少年は近寄ると
彼女の胸に耳を当てます。
「彼は私の心臓の音を聞くのが好き。」と少女。
お互いを思い大切にしている二人の、心温まる光景でした。

ニーラのところにガラント夫妻が訪ねてきます。
ガラント父はバリバリの軍人。
かなりコスプレしてましたが、実はOZのグリン所長でした。
そのままスーダンに飛んでサイードと再会してもらいたかった!
ガラント母と素敵な両親ぶりを見せようとしていたけど
なんだかギクシャクしています。
両親はガラントにはまだ伝えていなかったんですが
別れると決めていました。
母は父の任務で自分を犠牲にし続けた事について
同じ間違いを犯さないようにとニーラに警告します。
息子を愛していても
嫁には自分の過ちを繰り返して欲しくないと伝える母
立派な人だなと感心しました。
そんな両親に安心してもらいたいのか?
ニーラは直ちにレイとの共同生活を打ち切ることにします。
レイは未練たらたら。
人妻でもチャンスがあれば・・・
ってニーラはそのあたりは身持ちが堅いようで
レイに全く隙を与えませんでした。

カーターがスーダンのキャンプの医師不足の件で
コバッチュに助けを求めるメールを送ってきます。
コバッチュは助けに行きたいけれど
(ER部長が勝手に消えていいんですか?)
アビーがものすごく不満そうなので
虚偽の報告をしたプラットに罰として
スーダンに飛ぶように命令します。
というわけで次回(といっても8月20日だけど)は
再びサイード登場。プラットと医療活動に当たるようです。

お笑いモリスは骨折坊やに思い切りギプスで殴られてました。
その後は色仕掛けで出世話が持ち込まれ・・・どうするんだろう。
クレメンテとドゥベンコが出てこなかったのが寂しかった。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

グリン所長とサイードを結び付けないわけにはいきませんでした。
私の脳内だと次回は、二人で一緒にダルフールにいるんですけど(笑)。
ジェリーはどういう人なのでしょう?
いろいろできて頼もしい限りですが、謎も深いです。
2007-08-01-12:12
yasishi [ 返信 * 編集 ]

やはりグリン所長もダルフールへ飛んでもらうべきです(笑)
早くサイード復活してもらいたいですが、しばし夏休み状態。
他のドラマを山ほど溜め込んじゃったのでありがたい夏休みではありますが。
2007-08-08-11:23
Garoto [ 返信 * 編集 ]