FC2ブログ
Top Page › The Dead Zone › The Dead Zone 「ラスト・グッバイ」

2007 · 08 · 17 (Fri) 08:28

The Dead Zone 「ラスト・グッバイ」

いろいろと興味深いエピでした。

ジョニーとサラは伝説のロックスター、
ロイ・フォールズの息子ダレンのライブを観に行きます。
サラはロイの大ファンで、かつて追っかけをしていたくらい。
だがロイは車ごと湖に突っ込んで
そのまま帰らぬ人となってしまいました。
サラはそんなロイの息子のダレンの歌が聴けるのが楽しみです。
ステージが終わってから
ジョニーはデレクのギターを触らせてもらいます。
そのギターはロイの形見。
そしてジョニーはギターから
ロイがまだ生きているというヴィジョンを見ます。

ロイは彼のファンのクリスタルと親しくなりますが
クリスタルは何者かに殺されていました。
一体何が起こったのか、ロイは今どこにいるのか?
ジョニーとサラの追求が始まります。

サラがロイの大ファンだったので
彼のラストアルバムの「6 Feet Under」という曲の内容や
アルバムのクレジットから
クリスタルがオーブリーという名前だった事や
事件の起こった場所がわかります。

ロイはオーブリーと落ち着きたかったんですが
それではロイのイメージダウンに繋がってしまいます。
ロイが売れなくなっては困ると音楽仲間が
オーブリーを抹殺。
落ち込んだロイはマネージャーに頼み込んで
姿を消す口実をミュージシャンらしく謎の自殺として
片付けてもらう事にしました。

一方ダレンはライブのステージでロイのヒット曲を歌うことに。
オリジナルはなかなか受け入れられてもらえません。
何かというとロイと比較されるダレンは自信をなくし
酒をしこたま飲むとそのまま車を走らせます。

ジョニーはダレンが湖に突っ込んでいくビジョンを見て
慌てて止めようと努めます。
そして間一髪、間に合いました。
ジョニーとサラは今は名前を替えレストランで働いている
ロイを発見し、ダレンと対面させます。
ダレンにとっては伝説だった父親に
ここでまさかの再会が実現したのでした。

エピソードタイトルがThe Last Goodbye。
「Hallelujah」が海外ドラマでおなじみのJeff Buckleyの
ヒット曲であり、アルバムタイトルにもなっています。
Jeffは父のTimが伝説のロックスターでしたが
父は息子の成長を見ずに亡くなっています。
Jeffがデビューしたとき、その伸びのある歌声は
何かとTimと比較されました。
しかしJeffは独自の音楽を追求。
数々のヒット曲をリリースするものの
水難事故で命を落とします。

この親子は両方亡くなってしまったんですが
今回のエピはBuckley親子がもし生きていたら・・という
彼らへのオマージュになっていたのかなと感じました。
これで「Hallelijah」が流れたらどうしようと思いましたが
さすがにそこまでやらなかったですね。

もう一つ興味深かったのが「6 Feet Under」という曲のタイトル。
SFUと同じ意味で使われてたけど
ダレンを演じてたのがSFUのラッセルだったんですよね。
まるで別人の風貌でしたが、彼が歌ってたらさらに面白かった!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント