INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S2-#5 「けじめ」

オリーブを家に招いたボイトは彼女の近況を聞き
金を援助しようと地下室へ降りたら
二人組の男が入ってきてボイトを脅してきます。
さすがのボイトも丸腰で二人が相手では太刀打ちできず
しかし金庫の番号を伝えずにいると
男は縛られたオリーブを連れてきて窒息させようとします。
仕方なくボイトは番号を伝えます。

ボイトが出勤せず、携帯にも出ないので
リンジーとハルステッドはボイトの家へ行きますが
ボイトがおらず、地下室から金庫がなくなっていることが判明。
ボイトが事件に巻き込まれたと感じた特捜班は捜査を開始。
あくまでも機密事項として、自分たちだけで動き始めます。

ボイトの家の前の監視カメラから
ボイトとオリーブが二人組の男に拉致されたことがわかり
片方の男の身元が分かったためアジトへ行くと
窒息しかけているオリーブと倒れているボイトが発見されますが
男たちは金を持って逃げ出した後でした。

オリーブが「お腹の子が危ない。」と助けを求めていたことから
ボイトが状況を聞き出すと
オリーブは二人にお腹の子を殺害すると脅され
仕方なくボイトの自宅に二人を導きいれていました。
オリーブがボイトのことについて話したのは
ジョージーという女性だけで
ボイトとオリンスキーはバーでジョージーを発見。
事件の手がかりがつかめるなら
相手が女性でも容赦しないのがボイト流ですが
そこに彼女のBFが入ってきたのが運の尽き。
彼の指の一本や二本は関係なく
恐怖のどん底に陥れられました。
これぞボイト流。

観念して二人組の片方マークスが現れますが
情報を提供して取引しようなんてボイトに通じるわけがない。
とんでもない拷問が待ってました。
ボイトの檻、ボイトの草むら・・・
あの草むらはシカゴで一番危険なところかも。
こうしてボイトはもう片割れのグレゴリーが
マークスと接触する場所を知り
そのボート乗り場で特捜班はスタンバイします。

ところがグレゴリーはボート乗り場で
マークスを裏切り人質を取って抵抗します。
でも周りを固めた特捜班がさっさと確保。
ボイトに勝てるわけがないのです。

悪党を導いたオリーブなのに
ボイトは優しかった!
帰ってきたジャスティンに対しても
親バカ度マックスというか
このオヤジ、本当にわかりやすいです。

バージェスは署にお菓子を売りに来た学生モニカに警察バッジを盗まれますが
モニカはほかの署で警官の制服も盗んでいました。
パトロール警官に成りすましたモニカは
妹を脅した男に罰を与えようとしてバージェスたちに見つかります。
モニカの必死な気持ちはわかるけど、盗みはいけません。

ドーソンは警備の副業をスタート。
スーツ姿が新鮮で似合ってます。
しかし警備の対象のアッシャーは何やら訳ありみたい。
そしてリンジーは異動の打診を受けますが
無視していました。

Chicago Fire S3-#5 「守りたいもの」

セブライドの飲みすぎ状態は続いています…

ビル火災が発生し、現場へ急行。
はしご隊はお下がりのはしご車をオーチスが運転するという
クルースにとっては自分は悪くないけれど
どうにもやりきれない状態です。
現場ではドーソンが屋上に上がって排気をするのに
ケイシー自らが同行を願い出
小隊長が排気するのかとハーマンは納得いきません。
そのうち焼け出された人がベランダに姿を見せ
クルースは一人ではしごを動かすとはしごに上り
その焼け出された人を抱えて降りてきました。
車は運転できなくてもはしごを動かした。
クルースの救助の様子をボーデンは高く評価します。
ケイシーたちは炎が回ってはしごが付けられなくなったため
ロープを垂らして壁伝いに降りてきますが
ドーソンのロープが引っかかって一苦労。
ケイシーのアドバイスで無事に降りることができます。

クリスティの娘のバイオレットが
ケイシーを訪ねてきます。
学校でけんかをしたバイオレットはク
リスティに内緒で居残り同意書のサインを
ケイシーに求めてきました。
ケイシーが知らない間にクリスティたちが引っ越し
バイオレットも公立校に通い始めたことを聞いて
驚いたケイシーはクリスティに会いに行きます。
そこでケイシーはクリスティが離婚寸前で
金銭的にも厳しい状況であることを知ります。
ケイシーは夫のジムに会いに行きますが
秘書の女性とただならぬ仲だと感じ
ドーソン兄に調べてもらおうと思ったら
同じく夫婦の危機の兄ではなく
ルゼックに頼んだ方がいいとドーソンがアドバイス。
ケイシーはルゼックに調査を依頼します。
特捜班は暇なとき?はこんな探偵仕事もやってるんですね。
ルゼックはしっかり働いていました。
その結果ジムの会社には問題がなく
離婚するとクリスティが損することが判明し
ケイシーはジムに脅しをかけに行きます。

署の前に止めっぱなしのフードトラックは
ずっと違反切符を切られ続けてボーデンはお怒りです。
マウチは警察に行きプラットに何とかしてくれと頼みますが
さすがにプラットでもどうにもしてくれませんでした。

ハリソンと寝てしまったブレットは
ハリソンの誘いに心が揺れ動きます。
ブレットが帰宅すると家の中がぐちゃぐちゃ
しかも強盗が何か物色していました。
ブレットは強盗を撃退。
その様子を知ったハリソンは
ますますここは危険だからとブレットを連れ帰ろうとします。
だがそんなハリソンの態度が気に食わず
逆にブレットはシカゴで働き続けることを決めました。
強盗の件、まさかハリソンが手をまわして仕組んだりしてないよね?
そこまでやってたらさすがだと思いますが
その後警察の捜査が全く入ってないのが不思議。
せめてバージェスかローマンに話を聞きに来てもらいたかったです。

セブライドの飲みに付き合うのはみんなうんざり。
ついにコニーが付き合わされていました。
なかなかいい感じだったけど。
そんなセブライドだけど、古いビルのエレベーター故障の時は大活躍。
機転を利かしていました。

ボーデンは署長にクルースの機関員復帰を願い出ますが
ボーデン自身の昇進がかかわることに。
それでもボーデンは部下の活躍を称えます。
こうしてクルースは再びはしご車を運転できることになりますが
オーチスが甥っ子たちをはしご車に乗せて張り切っていたので
喜びはもう少し先に取っておくことにしました。
ハーマンはドーソンにイライラをぶつけ
ドーソンはハーマンからの指導を求めます。
確かにケイシーからは距離を置いた方がいいかも。

Homeland S6-#12 「アメリカファースト」

久々のカッターさん祭り♥ 

今シーズンもずっと観ていましたが
とにかくクインが痛そうで辛そうで
クイン大丈夫か?と気が気でなかったら
まさに命をかけてのラストシーン。
あまりにも強烈で言葉を失いました…

知ってる顔が多かったのも印象的。
ホークス先生が律儀に働いてるなと思ったら
SVUのカルホーンが大統領候補ですか。
女性大統領候補はHouse of Cardsにもいるので
どうも頭が混乱しがちでしたが(汗)
そしていつの間にかティー様が迷彩服着て出てきたし。

ところでカッターさんは?
クインが命をが投げ出してカルホーン
(本当はエリザベス・キーンだけど
それじゃブラックリストみたいでしょ。)
を守ってから半年後。

カッターさんはカルホーン大統領の
首席補佐官になってました。
SVU組で固めましたね(笑)
というわけで久々に
スーツ姿のカッターさんを拝めて幸せです。
Vikingsの風呂好きの王様も頑張ってましたが
でもやはりRoacheは王様の器じゃないよね。
ドヤ顔は上手でも貫禄に欠けるもん。
だから現代に生きるスーツオヤジの方が
親しみが持てます。

homeland6-1.jpg

そして本当はデヴィッド・ウェリントンを名乗るカッターさん。
早速キャリーにかみついてました。
なかなか嫌味なオヤジのようです。
素晴らしい!!
この先もキャリーの行く手を阻むのか
気になるところでクリフハンガーだったので
次シーズンのカッターさんの活躍に大いに期待なんですけど
ちゃんとS7に出てくれますよね??
諸事情で急遽首席補佐官交替なんてないですよね!!
そう信じてカッターさんの再登場を心待ちしています。

homeland6-2.jpg

ドラマなつぶやき・・・どんどん溜め込んでます(汗)

観たいものはたくさんあるのに
なかなか時間が取れないし。
また消化不良を起こしかけています。
CSの録画も山盛りなのに
Amazon Primeのドラマがいろいろと気になり
でも手が出せず状態。
Huluは小休止してますが
これもいったん停止すると復活が意外に面倒だったので
月額払ってるならもう少し観たいよねと
悩みが尽きません。

☆New Blood
まだ2話しか観てないけど、これは面白い!!
一挙放送を録画したままなかなか手を付けられず
結局一挙消去パターンに陥ることが多いのですが
このドラマはせっせと進みたい気分です。
さすがアンソニー・ホロヴィッツ、話が奥深いぞ!と
これから様々な要素が複雑に絡みつつ
事件解決に向けて進行していくんだと思うけれど
主人公の二人のキャラクターも魅力的。
アラッシュはイラン系イギリス人、ステファンはポーランドからの移民。
いわゆる英国男子ではないところが新鮮だし
出会いや接点も興味深いです。
現在のロンドンの風景も観ていて楽しいし。
いつも観ているのがダウントンですから
この変化を味わいつつ、先に進めていきたいです。

★リタイアしました(-_-;)
ついにBlindspotも挫折。
S1は面白かったのに、S2で魅力半減。
理由はいろいろあるんですが
もっとジェーンのタトゥーにこだわってほしかったです。

月長石はキャストの魅力がイマイチかな。
途中でストップしちゃってます。
せっかくの英国ドラマなのに…

そういえばバチカンドラマがほったらかしだ!!
原因は簡単。
字幕版ならサクサク進んだはずです。
やっぱり吹替版苦手なんだよね。

Chicago Med S1-#11 「感染」

なんだか観ていてイライラするんだよね・・・
かつてのERの再来というか
医療ドラマの宿命ですか?

担当医のアンガーに診断を受けた時は
吹き出物だと言われてそのままになっていた男性が急変。
リースが診断した時は危険な状態で
そのまま亡くなってしまいます。
リースはアンガーの誤診が気になり
セクストンに頼んで最近のアンガーのいくつかの誤診をリストアップしてもらい
グッドウィンに訴えに行きます。
まあそこまではよかったんですけど
アンガーはチャールズの同僚でリースにとっては大先輩。
その先輩の誤診を気にかけるのはいいけど
処分まで自分で考えちゃいけないでしょ。
自分の立場をわきまえてもらわないと。
結局グッドウィンはアンガーに病院から立ち去ってもらいました。

アンガーはあっさり切られてしまったけど
脅され続けられてるのに懲りないのがハルステッド。
延命治療をしてしまった件で訴えられからも
その患者の治験の様子が気になり
近づくなと言われているのにゾーイに頼んで
チェックに行ってしまいます。
そこでグッドウィンにまた警告されることに。

ハルステッドとマニングが担当したのは
感染力の強いインフルエンザにかかった少女。
彼女を治すことはもちろんだけど
感染源が学校だと思われるので予防接種も必要になってきます。
ところが彼女の両親が口うるさくて
医者ではなく研究者らしいけど
ワクチンの投与に否定的。
あれが悪いこれが悪いとやたらと文句をつけてきますが
だったら医者を頼るな!とこの件については
ハルステッドの怒りに納得!!でした。
それにしても患者や家族に対し余計なことを言えば訴えられるし
嫌な仕事ですね・・・しみじみ。

そんなハルステッドですが、マニングへのアプローチはまるでお子ちゃまというか
とても分かりやすくて
だからマニングも分かりやすくお返事。
とにかくトラブルが起きないように、仲良くやってもらいたいものです。

コナーとチョイが担当したのは
人工心臓を装着して胃潰瘍で苦しんでいる男性。
心臓移植の順番が来るのはずっと先のことで
痛みに耐えられず人工心臓を外してほしいと
自らバッテリーを取ってしまいました。
そこまで苦しんでいるなら患者の希望を聞いてもいいのかもと
コナーはダウニーに意見を聞き
人工心臓を外すことを選択します。
その結果患者は亡くなりますが、患者の願いは聞き入れられました。
延命治療の件と合わせて
患者の希望を聞き入れるのが一番大切なのかな。
命を救うこととの兼ね合いが難しいです。

セクストン弟のミスは
問題外というか初歩的過ぎ。
姉の処置は当然でしょう。
甘えちゃいけません!

消防や犯罪捜査はもっと単純に
命を救うことや容疑者を捕らえるとに専念できるのかな。
でも医療現場はより複雑で一筋縄にいかないし
さらに医師それぞれの考えも違う気がして。
51分署や特捜班に比べるとスタッフの団結力が希薄なのも
イライラの原因なのかなと観ていて感じます。
ボーデンやボイトがいないから仕方ないんですが。

ローズとザネッティの関係は
ザネッティの異動で終わっちゃうんですね。
なんだかもったいない気もします。
そして今回もモリーズが癒しの場となっていました。
これはとても大事なことです。