INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#1 「永遠に」

爆発事故でシェイを失って時がたち・・・

現場で大けがをしたミルズが復帰してきますが
セブライドは無断欠勤を続けたまま
105分署で消防士としてのスタートを切るはずだったドーソンは
救命士の穴埋めをせねばならず51分署に残っていましたが
新たにブレットが異動してきて
ボーデンはドーソンの手続きをしようとしていました。

ボーデンには51分署を立て直す必要がありました。

誰にとってもシェイの殉職はショックでしたが
特に仕事上のパートナーとしてのドーソンと
プライベートでのパートナーだったセブライドにとっては
その辛さは並大抵のものではありません。
ドーソンは平静を装い仕事をしていますが
ケイシーには早く結婚したいと言ってみたり。
実は兄も大変だとも言ってましたが
こんなところでもP.D.とリンクができています。
ブレットが新パートナーになり
ブレットは初めにシェイには慣れないと断っています。
こんな状況で異動してくるのも気を遣うよね。
しかしブレットにはドーソンにないスキルを持っていることがわかり
ドーソンもそれを認めます。
ドーソンが本音を吐いて嘆いたのはオルロフスキーのカウンセリングの場で。
毎日通っていてもずっと無言だったドーソンが
オルロフスキーの問いかけに
自分がシェイと場所を替わったせいだと泣きじゃくりだします。
逃げ遅れた人の治療をしているときにシェイと場所を交替したとたん
梁が落ちてきてシェイの頭に直撃。
そのままシェイは逝ってしまいました。
ドーソンの胸の内にはそれがずっと引っかかっていたのでした。

セブライドにとっては心の通い合ったルームメイトだったシェイ。
初対面からすぐ同居を決めたようで
二人で同居の際の契約を決めたとき
お互いに録画しあった映像が残っていました。
セブライドはその映像を観ながら涙します。
最初からレズビアンを公言していたシェイならではの
男女の枠を超えた信頼と友情。
その後もいろいろなことがあったけど
素晴らしいパートナーでした。

セブライドは二人の家にいられずに
森の中に引っ込んでいましたが
ボーデンに探してくるように言われたケイシーが
ボーデンの手書きの日誌を持って現れます。
几帳面な字にボーデンの性格が表れていた気がするけど
アンディにしてもシェイにしても
彼らの死は命を救った数としてカウントされていると
ケイシーはセブライドを説得します。
そのうちセブライドは自宅に戻ってきて契約映像を視聴。
51分署に戻ろうとし始めました。

ボーデンにとっても衝撃は大きく
マウチはダブルデート計画でボーデンを励まそうとします。
ボーデンとドナ、マウチとプラットという黄金のコンビ?が登場しましたが
マウチとプラットが続いてたんだ!とびっくり。
そしてプラットとはしゃぎっぷりが半端ない!!
父親とルゼックとの偽デートのときと
全く別人なんだもん。
そしてマウチはボーデンに
Led Zeppelinのコピーバンドのライブにご招待。
あまり乗り気じゃない顔をしていたボーデンですが
ZepのTシャツを着て登場し
実はZepのファンだったことが判明しました(笑)

今シーズンも見どころ満載。
いきなりショック大でしたが、楽しませてもらいます。
それにしてもシェイの回想シーンで
様々な理由で去ってしまった人たちの姿があったことに恐れ入り
細かい部分への配慮がすごい!と改めて感心させられました。

Chicago Med S1-#7 「聖人」

交通事故の被害に遭った男女が運ばれてきて
ローズやザネッティが治療に当たります。
ザネッティが腕を痛めているのをローズは気遣いますが
ザネッティにはそれも不満な様子。
ザネッティが見ている立場になると
執刀方法などでさらにぶつかり合うことに。
緊迫した状況でしたが落ち着きました。

事故の加害者の男は手錠をはめられて運ばれてきますが
腕の骨折を疑ったハルステッドはレントゲンで確認し
治療を行おうとしますが
男は早く刑務所に送ってくれと頼んできます。
ハルステッド弟が事情聴取に来て状況を確認。
また兄弟が会話していましたが
男の妻は、夫が加害者になったことに腹を立てつつも驚いています。
そのうち男は喀血して倒れます。
実は男は肺がんにかかっていて
刑務所に入れば無料で治療してもらえると目論んでいました。
それは事実ですが、刑務所はそんなに甘いところじゃないよね。
まず罪を償ってもらわないと。

保護施設から来ている男性は
EDの常連になっています。
靴を他人にあげてしまったため
足の指が凍傷を起こしていました。
一週間前にも同じ状態になって治療したばかりで
担当したセクストンは人に喜んでもらえると自分もうれしいと話す
その男性のやさしさはいいなと感じつつも
チャールズに診てもらうことにします。
男性の言動に医学的な要因があると考えたチャールズは
脳のレントゲンを撮って脳梗塞を発見。
それが男性の気持ちを変えてしまったことを見抜きます。
施設での治療を検討しているとまた男性が倒れ
今度は自分の物への執着がものすごく強くなってしまいました。

再生不良性貧血を長年患っている少女は
家族の努力でドナーが見つかり
ようやく骨髄移植が受けられることになります。
だが弟が書いてドナーが見つかることになったチラシが
ドナーに利益をもたらすように書かれていたため
理事会からストップが掛けられてしまいます。
でも少女の容体は一刻を争うまでに悪化し
グッドウィンは自分が責任を取ると言って移植を実施。
理事会を納得させました。

産科に入院中のマニングのところに
両親がシアトルから訪ねてきました。
ずっと付き添ってる義母は
マニングが両親と共にシアトルに戻ってしまったら
息子を失い、マニングと赤ちゃんだけが身内だけなので
耐えられないと嘆きだします。
義母に睨まれ距離を置いていたハルステッドが
ロックウッドに言われて病室にお見舞いを持っていったら
もう義母はハルステッドを非難しませんでした。
このままいい関係が築けるといいけれど。

Wentworth S4-#11 「土壇場」

ビーとアリーの親密度が増し、二人がべったり状態なことに
ビーの仲間たちは快く思っていますが
カズは今こそビーを潰すときだと考え
ティナたちと策を練ります。
一方ビーはカズたちの視線に脅威を感じ
ルーシーらと手を組もうとしますが
さすがに拒否されます。

ジェイクは売人のタークから大量にドラッグを買い付け
ウェントワースでティナたちに売っていました。
だがタークに払う金が間に合わないため
ヴェラに投資の話での援助を頼み
給料の前借りをします。

ファーガソンにシェーンは自宅に置いてある
自分の過去を整理した箱を見るように頼み
自分やシェーンの母はウィルにはめられた
罰せられるべきなのはウィルだと強調しますが
そもそもファーガソンに捨てられたことにシェーンは腹を立てていて
聞く耳を持ちません。
ファーガソンの家で友達を呼びパーティー三昧のシェーンに
様子を見に来たフランキーは怒鳴りつけますが
ファーガソンの資料を見ることになります。

まだ金が全然足りないジェイクは
ウィルをバーに連れていき投資話を持ち掛けますが
ウィルは相手にしてくれません。
一方フランキーの名をファーガソンの前で口にしたシェーンは
ファーガソンからフランキーの企みを知らされます。
そしてバーに行ったフランキーを追ったシェーンは
トイレでコカインを吸っているウィルを見つけ
ウィルを潰そうという思いが強まってきます。

ティナがキッチンの隠し場所からドラッグを持っていくのを見たアリーは
ティナに口止め料としてドラッグを渡されます。
アリーはビーに知らせようと部屋に持ち込みトイレに隠しますが
うまく隠し切れず、結局ビーが見つけます。
アリーからドラッグが流通していることを聞かされたビーは
ヴェラに密告に行き
ヴェラは流通元を見つけるために抜き打ち検査をすることにします。
その結果ティナのドラッグが発見され、ティナは独房行きになりますが
ジェイクは自分が元であることがバレないかヒヤヒヤし通しです。
一方カズはビーがドラッグの件をヴェラに密告したことを非難し
ボスは失格だと怒ります。
カズの攻撃に、自分はウェントワースでのドラッグの蔓延を食い止めたかったと答えたビーは
自らボスの座から降りることを宣言します。

こうして自由の身になったビーは
ようやくアリーと愛し合うことに。
幸せなひとときが訪れます。
ところがそわそわし遠しのジェイクの様子に見かねたファーガソンが尋ねると
ジェイクはピンチ状態で命を狙われていることを白状します。
するとファーガソンは金を貸すことをあっさり承諾。
その代わり条件を出してきます。

アリーが一人でシャワーを浴びていると
ファーガソンに襲われ、薬を打たれてしまいます。

これが刑務所ドラマなんだよね。
やっとつかんだ幸せは決して長く続かない。
OZで痛感させられましたが
やっとビーとアリーの思いが通じ合ったのに
またもやファーガソンのリベンジに遭ってしまいます。
元看守の囚人は本当にたちが悪い。
そして看守自身も相当腐っています。
こうでもしなければやってられないのかもしれないけれど。
やたらとジェイクが調子がいいのは
ドラッグの流通経路をウェントワースに確立するためだったわけで
ヴェラが真実を知ったらどうなるんだろう。
またヴェラの苦悩が倍増しますね。
そして次々に新たな手を見つけてくるファーガソン。
シェーンもジェイクも巻き込み
パワー全開です。
フランキーに頑張ってもらわないと!

マキシンは抗がん剤治療が辛そうですが
仲間たちが応援してくれています。
絆の強さに感動しますが
次回がいよいよシーズンファイナル。
アリーはまた薬物中毒にさせられてしまうのか
ビーはどう反撃するのか
予断を許しません。

Downton Abbey S6-#2 「親心」

カーソンとヒューズの結婚式の会場決めで
ロバートは使用人の食卓を飾ってと考えていましたが
メアリーは客間でもどこでも
伯爵家のスペースで行っていいと提案してきます。
ところがヒューズは自分の職場を離れた
全く別な場所で式を行いたいとその部分は譲らず
カーソンはロバートに断ろうと思いますが
メアリーの主張に逆らえず
結局会場は決まりません。

トーマスは自分が解雇される予感がしていたので
新聞広告を観て他の屋敷の使用人の面接を受けに行きます。
執事補佐のような役職にも興味があったのですが
話を聞くと人手が足りないので様々な仕事をこなせばならず
自分の希望と違うような気がします。
戻ってくればアンディは着々と仕事をこなしていて
自分の居場所がない感じ。
控えめで大人しいトーマスって
なんかピンとこないよね。

病院の統合問題を巡って
バイオレットとイザベルの対立はますます激しくなってきます。
ダウントンに病院は必要ですが
もっと最新の設備にするのも大切だし
コーラはイザベル同様に統合に賛成したため
嫁と姑の関係が悪化する??

アンナとベイツの問題は解決したはずですが
アンナは自分のせいで子供ができないことを嘆き始めます。
妊娠はするけど流産してしまう。
悩みをメアリーに話すと
メアリーがロンドンに行く際に
アンナに医者を紹介してくれることになります。
医者に診てもらったら原因も分かり
手術で治せると知ってアンナは安心します。

農地の管理を任されたメアリーは
家畜品評会に豚を出品することにします。
イーディスがロンドンの出版社に行っていたため
伯爵一家はジョージと一緒にマリゴールドを連れていきますが
会場にドリュー夫妻が来ていました。
ドリュー夫人はマリゴールドのことが気になって仕方なく
マリゴールドがみんなと離れたすきに連れ出して
家に連れ帰ってしまいます。
マリゴールドの姿が見えないので
みんなで大騒ぎ。
でもドリューは妻が連れて帰ったと気づいたので
その旨を伝え、マリゴールドを迎えに行きます。
夫人はマリゴールドが退屈そうだから連れてきたと白状し返してくれますが
ロバートはドリューに領地から離れた方がいいと話します。
するとここが空くので
自分のせいでメイソンの仕事がなくなったと悔やんでいたデイジーには
希望が持てるかも。
そして今回のマリゴールド失踪事件ですが
相変わらずメアリーは事の真相を知らないまま。
正直に伝えた方がいい気もするけど
メアリーが何を言い出すかわからないので
対応が難しいですね。

Chicago P.D. S1-#15 「過去の傷」

S1ファイナル。
実は攻略スペシャルを先に観てしまったので、
結末部分はネタバレを踏んでいたのですが
Fireよりは静かに、それでも十分重たいクロスオーバーでした。

ドーソンは職場に復帰。
でもボイトはデスクワークを命じ
妻は田舎の保安官になってほしいと願っています。
妹だって消防士になるんだし
体を張りて町のために尽くしたい?血筋だからそれは不可能だよね。
そしてアトウォーターが刑事に昇格。
オリンスキーはバージェスじゃないのか?なんてツッコミますが
確かにバージェスの方が働きぶりは評価されていたかも。
ルゼックには申し訳ない気持ちがありました。

リンジーはチャーリーに脅されて
ジンにある宝石店の見取図をダウンロードしてほしいと頼みます。
ナディアが更生施設から出てくるので
リンジーはドーソンに迎えを依頼します。
ジンはスティルウェルに脅され続け
ボイトの部屋に盗聴器を仕掛けます。

建設現場で警備員が殺害され、爆弾が盗まれます。
現場はアトウォーターの地元なので
彼は仲間を通じて情報を入手しようとすると
オリンスキーがついてきます。
ハルステッドとルゼックも情報屋をあたり
爆弾の導線などの売買を持ちかけようとして
関係者に近づくとその中にチャーリーがいて
お互いの存在がバレてしまいます。
盗まれた爆弾が宝石屋強盗にかかわってくるようです。

さすがに隠し切れなくなったリンジーはボイトに報告。
両親に捨てられたリンジーは
チャーリーと暮らしていた時代があったんですね。
そのころのリンジーはドラッグでボロボロで
犯罪にも手を染めていた様子。
そのことをバラすとチャーリーはリンジーに脅しをかけていました。

アトウォーターを介して近づいた男から
盗みの中心人物を聞き出し
特捜班は宝石店を襲おうとしている一味を逮捕します。
チャーリーは大声でリンジーの秘密を暴露しますが
ボイトは無視します。

一方ジンがスティルウェルとコンタクトをとっているのを見抜いていたボイトは
ジンを波止場に連れていき脅しをかけます。
ジンは借金を抱えている父親の件で
命令に従うしかなかったと告白します。

事件が解決してリンジーはアニーを慰めます。
役に立たないベテラン警官と組まされたバージェスは
一人で強盗に立ち向かい大活躍。
今度は若い警官と組むことになります。
帰宅したバージェスのもとにルゼックが謝りに来て
二人はさらに深い関係に。
特捜班にならなかったんだから
堂々と付き合えるし、これでよかったのかも。
一方ドーソンが帰宅すると家の中は空っぽ。
妻は子供たちを連れて出て行ってしまいました。
プライベートまで順調満帆な刑事って
滅多にいないもんだな…と実感します。

ボイトはスティルウェルに会って
集金した札束を渡します。
この裏取引で物事は解決するのかと思ったら
翌日ジンの遺体が発見されます。
ジンを殺害したのは誰?
ボイトは相当腹を立てていたけど、部下を消すことはありえないし
そうなるとスティルウェルか?
謎を抱えたまま新シーズンにつながります。

ジンというよりやっぱりアーチーですが
親しみのあるキャラがいなくなってしまって残念。
そしてリンジーにとっていかにナディアが重要なのかも
SVUで観たときには全然わからなかったので
S1視聴を通して納得しました。

新シーズンも楽しませてもらいます!!