INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S1-#7 「進むべき道」

リンジーの家に助けを求めに来たジャスティンですが
バーで喧嘩をしたという話は嘘くさく
リンジーに細かく追求されると姿を消してしまいます。

翌朝川辺に死体が発見され
身元はギャングのフトーリだと判明します。
特捜班は殺人事件の捜査を開始
敵対するギャングのコロに
甥のカタラーノの関わりを追求します。
フトーリはカタラーノ側の裁判で証言をしており
恨みを買う理由が十分あります。

内務調査のグラディシャーは
ボイトに釈放の条件だった
ギャング逮捕を命じます。
ハルステッドとリンジーは殺人現場に行き
監視カメラの映像を入手してチェックしますが
容疑者と思われる車は映っていたものの
画像が鮮明でないため詳しくわかりません。
近くの工場にもカメラがあるはずだと情報提供を求めると
インド人が扱っているようですぐにもらえず。
一方ジャスティンは姿を消したままで
ボイトが交通課に聞くと無断欠勤していました。

グラディシャーはドーソンをこっそり呼び出し
ギャングとボイトの関わりの情報を提供しながら
ドーソンに自分につくか、ボイトにつくか選択を迫ります。
カメラの映像が届き、ボイトとリンジーがチェックすると
車に乗っていたのはカタラーノで
ジャスティンが運転していました。
このままではジャスティンは殺人の共謀で有罪になります。
ボイトは突如、この事件の捜査を殺人課に渡すとして
手を引くように命じますが
ドーソンは納得できず、ボイトとぶつかります。
そしてボイトに無断でジャスティンの身柄を拘束し
取り調べを始めます。
ボイトはブチ切れ。
でもドーソンはジャスティンはカタラーノに利用されたと結論づけ
今まで出てきた証拠を破棄することにします。
カタラーノ逮捕に向けて特捜班は動きますが
ボイトはひとりでカタラーノを追い詰めたものの
こっそり逃がしてしまいます。

ジャスティンは刑務所に戻る必要はなくなりましたが
ボイトは彼を軍隊に送ってしまいます。
これで4年間は大人しくなるはず。
グラディシャーはドーソンの裏切りを許せず
顔に泥を塗られたと怒ります。
しかしこれはドーソン流リベンジでした。
かつてドーソンの相棒がグラディシャーの不当な調査で潰され
彼はその後自殺していたのでした。
ボイトを操っていたグラディシャーもこれでおしまいかもしれません。

ルゼックは婚約者にオリンスキーを紹介。
婚約者がオリンスキーにルゼックの働きについて尋ねると
オリンスキーが褒めたたえてくれるので
ルゼックはびっくりします。

警官のID用写真をプラットが撮っていますが
刑事の写真は丁寧に撮っているのに
バージェスやアトウォーターの写真は超適当。
腹を立てたバージェスはルゼックの協力を得て
ブラットに嫌がらせを行います。
作戦は成功!プラットは撮り直してくれました。

ボイトがどこまで悪徳警官なのか
まだ本心は見えませんが
ドーソンもまた彼なりの考えでボイトと関わっているように思えます。
ボイトを敵に回すのかと思ったら、グラディシャー本人を潰したのには驚かされました。
家族を大切にし、妹とともにシカゴの街を守ってくれるドーソン。
Homicide時代からのセダッチファンとしては
今回のドーソン役に大満足。
ますますの活躍を期待しています♪
ドーソンはいよいよ本国でスタートしたJusticeにもレギュラー出演しているようで
P.D.とのつながりがどうなっているのか
L&Oのように前半と後半で楽しめるのかな?
Med上陸がもうすぐですが、Justiceの放送も是非是非♪
Wolf祭りを盛り上げていきたいです。

The Night Shift S3-#11 「心乱れる夜」

TCとドリューはスポーツバーで飲んでいて
先に帰ろうとしたドリューが女性に席を譲ろうとすると
そばにいた男性が文句をつけてきます。
その態度にTCが怒って男性を殴りつけ
ドリューも巻き込まれて乱闘に。
TCとドリューは留置所に入れられてしまいます。
TCにはよくある話かもしれないけれど
無断欠勤をしたことのないドリューはなんとか病院に連絡しようと
携帯を取って欲しいと頼みますが聞き入れてもらえません。
しかもそのときブリアナに適応する肺が見つかり
肺移植手術が始まることになりました。
なのにドリューと連絡が取れないままです。

ブリアナはドリューがいないのに移植は嫌だと拒否し
駆けつけたニーナもドリューが里親になることを心配します。
ポールがブリアナを説得しているうちにブリアナが急変。
すぐに移植手術が始まります。

ようやくドリューは病院と連絡が取れ
その場にいたジェシカが保釈の手続きに送られます。
ドリューは急いで病院に戻りリックとともに
ブリアナの快復を待ちます。
ブリアナは元気に目覚めました。

ようやくS3にリック登場。
予想通りブリアナの素敵なパパになってくれそうで安心しました♪
これからもときどき姿を見せてほしいな!

ジョーダンはポールやシャノンと一緒にダブルデートした相手のマットが
アイスを食べているうちにものすごく汗をかき倒れてしまいます。
ガラスの扉の上に倒れこんだために破片が刺さって出血。
すぐに病院に運び、ジョーダンは治療を始めます。
するとマットが激しく痙攣をし始め、ドラッグの影響が考えられましたが
ジョーダンの判断でナトリウムを投与します。
ジョーダンの勘は鋭かったのですが
ジョーダンが驚かされたのはマットに妻がいて、その妻にはまた付き合っている男性がいて
あまりにもオープンな自由恋愛の現状でした。

事故で舌を噛んだといって運ばれてきた女性は
食欲がないと嘆いています。
ペルーに行ってから体調が悪くなったようで
いろいろ調べていくと心理的なものではなくて
ペルーで虫に刺されたことが原因でした。
そんなことで体調変化が起きてしまうのは恐ろしいことですが
トファーの解明の過程が興味深かったです。

TCの釈放手続きをジェシカが取ってくれたのに
TCはジェシカに口を聞こうとしません。
TCはジェシカに利用されたことに腹を立てたままでした。
病院に戻ると帰国したシドが来ていて
すぐに病院の世界に戻れそうにないので
シリアとトルコの国境地帯の難民救援隊に入るので
同志を募っていました。
TCは心機一転したいと、救助隊の加入を希望します。
TCの力が発揮できるいい機会なのかもしれません。

Chicago Fire S2-#15 「候補生の心得」

ドーソンは一時的に51分署の救命隊員に復帰。
ジョーンズがはしご隊の候補生として配属されます。
ジョーンズは女性隊員として一人前にやっていかなきゃならないという気合が十分すぎて
とにかく態度が生意気。
候補生とは思えない偉そうな口ぶりに、みんな開いた口がふさがりません。
しかも小隊長のケイシーがドーソンの恋人だと知ると
ドーソンに余計な事を言うなと脅しをかけてきます。
ケイシーも呆れ果ててセブライドに尋ねると
セブライドは合格させたくなかったが
父親の圧力があって無理だったと白状します。
とにかくセブライドはジョーンズに「黙ってろ!」と
それだけ命じます。

ジョーンズは署内だけでなく出動しても問題だらけ。
子供が衣類のリサイクルボックスに落ち
ドーソンが中に入って処置を行っているとき
ボックスをこじ開けなければならなくなります。
ケイシーに自分の後ろにいろと指示されていたのに
勝手にカッターを取りに行ったジョーンズは
カッターを落として刃を欠いてしまいます。
続いて法廷内で撃たれた被告の応急処置をする際に
手錠の鍵が折れてしまって外せなくなり
消火器を使って外すことになると
ハーマンと消火器運び競争状態になってジョーンズが勝ち
ハーマンは不機嫌になります。

そんなジョーンズが消防隊員の厳しさを実感したのが
その後発生したオフィスビルの火災。
エレベーターが使えないために予備のホース等を背負ったまま
ひたすら階段を上がらねばならず
続いて炎の中に入っていき、逃げ遅れた人を運び出すことに。
自分の力では相当大変で、助けてもらいながらも
なんとか任務をこなしました。
戻ってきたジョーンズの目がようやく真剣になってきたけど
果たして消防隊員が務まるのか、この先が気がかりです。

ケイシーとドーソンの仲ももう一つしっくり行ってない感じ。
ドーソンが消防隊員になりたいという気持ちは変わっていないのですが
ケイシーはやはりそれが不安なようです。
消防の仕事がいかに危険であるかわかっているからこそ
ドーソンに危険な思いをさせたくない。
お互い分かりすぎている職場恋愛の難しさですね。
解決策はあるのかな。

マウチが組合の仕事をボーデンの秘書のコニーに押し付けようとしたら
コニーはマウチの大切なカウチを
大隊長への面会の待合用に持って行ってしまいました。
後悔したマウチは素直に謝り、カウチを返してもらいます。

セブライドはキーラーが釈放されたことが不満で
(FBIやらATFやらとの絡みがあるようです)
クラークに協力を頼んでいる様子をオーチスが察し
自分も加わりたいと願い出ます。
するとキーラー本人が車で署の前を通って挑発行動に。
ベニーも署に来て、ケイティがシカゴを去ったことを悲しみます。
セブライドが何かやりかねないと感じたのはリンジーも一緒で
セブライドに余計なことをしないよう釘を刺しますが
その後キーラーが行方不明になってしまいます。
一体何があったのか?次回に続きます。
キーラー絡みでリンジーが再び登場。
P.D.の人たちとはずっとつながっていきそうですね。
ドーソン兄妹がいる時点でつながっていたけど。

CSI:Cyber S2-#18 「明日へ・・・」

CSIシリーズ完結!
ついに17年間の幕が閉じられました。

CyberもCSIシリーズだからとりあえず観ていましたが
なかなか専門用語についていけず
あまり夢中になれずにぼんやりと終わってしまいました。
サイバー犯罪は身近に起き得るということがわかったのが収穫かな?
そんなわけで大きな感動もなく終了してしまいましたが
最終話はCSIらしくラッセルが死体の指の皮をはがして
自分の指にはめて指紋認証を実行。
この生々しい場面こそ正しいCSIだよねと
ラッセルともどもしみじみしていました。
やはり死体とじっくり向き合ってこそCSIでしたから。

今回の最終話。
もうこれ以上絶対ありません!と
終了の仕方に気合が入りすぎて?いました。
政府のネットワークがハッキングされたという相当大掛かりな事件だったはずなのに
結局は逃げる少年を追う男をさらに追う展開。
追われた少年に銃が向けられて銃声が聞こえ
銃声から少年の居場所を把握して一同は現場へ
SWATも駆けつけて・・・
とその展開早すぎです!
みんな瞬間移動しなければ
撃たれてプールに沈みかけてる少年を救い出せないでしょ!
そこまで無茶な事件解決をやらざるを得なかったのは
後日談をどうしても入れたかったのでしょうね。

というわけでめでたく事件解決したと思ったら
ドーソンじゃなくてイライジャへのストーカー女が
イライジャを撃とうとして代わりにラッセルが撃たれ
これが次シーズンへのクロスオーバーだったらここで終わりだったのかもしれないけれど
間違いなく最終話なのでこれまた瞬間に月日が流れ
ラッセルは元気にパリへ渡っていました。
ほかの人たちもそれなりにめでたしめでたし。
そんなツッコミどころ満載なお話でしたが
そういえばツッコミまくってこそCSIだったよなと
マイアミが懐かしいです!!

CSIシリーズを振り返ってみると
断然マイアミが楽しかった!!
ほっさんの決め台詞の数々に爆笑させてもらいました。
本家は王道を行ってたかな。
いろんな人が居すぎて思い出せなくなってるけど(汗)
そしてNYは見慣れた風景が身近に感じられました。

犯罪捜査の中で
鑑識という目立たない仕事をしている人たちにスポットを当てたドラマは
とても新鮮に感じら、学ぶことが多かったです。
でもCSIの人たち、目立ちすぎですよ。
日本を始め、よその国の人たちは
現場に行くときはしっかり髪の毛が隠れる帽子をかぶり、靴カバーも履いています。
手袋だけじゃダメなんだから。
やっぱり最初から突っ込まれることが前提のドラマだったのかも(笑)
17年間感動をありがとう♪と締めくくらせてもらいます。

Banshee S3-#8 「ありったけの知恵」

ルーカスとブロックはチェイトンを追ってルイジアナへ。
チェイトンがフレンチ・クォーターのファイトクラブで闘っていることを聞きつけ
二人は現場の様子を見に行きます。
するとチェイトンは変わらずパワー全開。
そこで思わずルーカスとのにらみ合いになり
ルーカスとチェイトンのバトルが始まります。
このままではルーカスはピンチ状態。
ブロックが発砲して闘いは止まりますが
二人はクラブから追い出されてしまいます。

今度はチェイトンがルーカスの滞在場所を見つけて襲ってきて
ナイフを手にバトル再開。
もちろんチェイトンは強いけど、ルーカスも決して怯みません。
さらにルーカスは銃を抱え墓場でチェイトンを追いかけ
ついに捕らえます。
顔面に弾を撃ち込み、顔は真っ二つに
不死身に思われたチェイトンも、もう復活することはありえないでしょう。
マルティグラの飾りが並んでいる波止場で
ルーカスとブロックはチェイトンの死体を海中に投げ捨てます。
本当にもう蘇らなくていいんですけど。

ブロックはルーカスが何者なのかと
ずっと不信感を抱いていました。
だが今回、チェイトンを倒した後
ルーカスがもうバンシーに戻らないと言い出した時
ブロックは必死に止めようとします。
ルーカスは確かに怪しげだけど
彼がいないと町を守っていけません。
ブロックはなんとしてもカイを倒したいと
そのためにはルーカスの力が必要だし
この際ルーカスが何者なのかなんて知る必要もありません。
ブロックが懇願すると、ルーカスはバンシーに戻ることにします。

カイがエミリーと親しげな様子にレベッカは不満げ。
しかしバートンはカイの忠実なしもべで
レベッカの思惑はバートンには伝わりません。
バートンはかつてカイに命を助けられていて
その恩が一生ついてまわるのかも。
カイとエミリーがアーミッシュの村に戻ったとき
人々が集まっている中に車でやってきた男たちが現れ
カイとエミリーを連れ去ります。
レベッカが銃で応戦しても間に合いませんでした。

シュガーが盗んだ金の一部を持ち出したことにジョブは腹を立て
理由を追求します。
シュガーがかつてボクサーだったとき
戦った相手を再起不能にしてしまい
その償いとして息子に金を渡しているとシュガーは話しますが
ジョブが調べるとすでに相手は死んでいるのに
息子が偽って金を受け取っていたことが判明します。
ジョブはジムに押しかけると息子と対戦。
華麗な動きで息子を倒し、金を取り返します。
ジョブにこんな力があったとはびっくりです。

ストウ大佐は基地の窃盗事件を分析
犯人たちがそれぞれものすごい能力を持っていることを認めますが
ひとりは集中できていなかったことに気づきます。
さらに自分の手紋をコピーしたのがキャリーだと疑いをかけます。
完全犯罪にも抜けがありました・・・