INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#9 「置いてけぼりの心」

十字路でタンクローリーから塩酸が漏れていると通報が入り
消防が出動。
ケイシーは防護服を着て作業に当たるよう指示を出し
それぞれが活動を始めます。
街路樹の下の土を使って壁を作り
塩酸が広がらないよう食い止めていたところ
ドーソンは向こうに止まっていたダンプカーを発見。
すかさず飛び出して行って運転手に交渉し
ドーソン自らダンプカーを運転し
土を上手に道路に撒いて壁を作りました。
ドーソンは自分のナイス判断に満足していましたが
現場に来ていた署長は
ドーソンが防護服を着ていないことにお怒り。
ボーデンはケイシーに指摘し
ケイシーは当然ドーソンを注意します。
ドーソンは相当のダメージを受け
シャワールームでしゃがみこんでいたところを
ミルズに見つかります。

帰宅してからも上司と部下の関係は続いたまま。
ドーソンは家ではケイシーが婚約者として
署で辛い思いをしている自分を励ましてほしいと頼みますが
ケイシーは家でもドーソンは候補生にしか考えられませんでした。

ドーソンがウザドーソンになりかけている今日この頃。
ドーソンは職場とプライベートは別物だと
切り替えてできるつもりだけれど
彼女を指導しなければならない立場のケイシーには
切り替えが難しいですよね。
周りの目もあるし。
職場モードが強くなってしまうのは仕方ないのかも。
やはりドーソンには救命の方が合ってる気がするけれど
どうしても消防士でなければダメなのかな。

その後の店舗の火災で
夫は妻が中にいるからと
消防士たちの制止を振り切って
火の中に入ってしまいます。
無事夫も妻も救い出されますが
夫婦の愛情の深さがまた
ドーソンには厳しく感じられたようです。

ミルズとブレットは高校のプールで溺れた
男子生徒の蘇生を行います。
ライフガードの恋人が蘇生を続けてくれていたので
間もなく意識が回復。
特に問題もない様子でした。
だがChicago Medに救急搬送する間に生徒は急変。
救急車の中でミルズは挿管したりAEDしたり心マしたり
一人でできることを全て行いながらMedへ向かいます。
この手際の良さはすごい!と感心していたのに
結局生徒は病院で心停止してしまいました。
実は彼はマフィアの息子だったことが判明。
父親が部下を連れて署に怒鳴り込みに来たので
ミルズはできる限りのことをしたとアピールしますが
父親はミルズを殺すと脅してきます。
この件はハルステッドに任せることになりますが
シカゴマフィアは素直に引っ込まないでしょうね。

セブライドは感謝祭にブリタニーの両親に会いたいと言うと
ブリタニーはあっさり却下してしまいます。
母親からの電話も無視している状態。
やがてブリタニーは自分が車を運転していて事故に遭い
自分は数針縫っただけで助かったのに
妹が死んでしまった。
その罪悪感がずっと痛手となって残っていることを打ち明けます。
一方セブライドは署でブリタニーに殉職者のシェイのバッジを見せ
シェイについて話します。
セブライドはブリタニーに出会ったことでシェイと区切りをつけることができた。
それはブリタニーにとってもセブライドと出会ったことで、
妹の死と向かい合うことができました。
そして母親と連絡を取ったブリタニーは
マイアミに帰ることを決意します。
二人の結婚はこれでおしまい。
いったい何週間続いたのか、誰が掛けに勝ったのかは謎ですが
ブリタニーはセブライドのもとを離れます。
短い間だったけど、セブライドにとっては大切な時間でした。

クルースはブレットをデートに誘いますが相手にされず。
でもその後ブレットがクルースに付き合おうと言い出します。
ちょっと意外なカップル登場だけど
うまくいくのかな。
マウチは目が完治したと診断書をもらうために眼科医に行きますが
気安くステーキをおごるなんて言ってしまったので
書類はデートの席で渡されることになってしまいました。
マウチはまさかプラットを裏切れないとヒヤヒヤします。
結局プラットが先に手を打ってくれ
マウチの心配事は消えましたが
プラットがP.D.とFireでは全然キャラが違うのが面白くて。
オンとオフをうまく使い分けているのでしょう。

ついでにマウチとオーチスとクルースは
パウチが誰のところに寄ってくるか
実際に試していたらミルズがやってきて
そのとたんパウチがミルズになびいたのがおかしかったです!

モリーズでドーソンが一人残って片づけをしていると
ミルズが来て悩みを聞こうとします。
そこにケイシーが来て、二人が打ち解けている様子を目撃しますが…
まさかここにきて三角関係?なんてことないよね。
でも今のままではドーソンは辛いし
どうするつもりなんでしょう。

Star S1-#1 「夢を追い求め」

FOXで始まったStar。
Empireの制作・総指揮Lee Danielsによる新たな音楽ドラマということで
楽しみにしていました。
Empireは出だしはよかったんですけど
結局いつも家族のゴタゴタの繰り返しだったのが最近の不満で
今シーズンはジャマルの歌が少なかったのも残念でしたが
こちらはスターを夢見る女の子たちの物語。
ゼロからのスタートでいかに頂点を目指すか
その過程は紆余曲折あるのでしょうが
一緒に応援していけるのかなと思います。

主人公のスターと妹のシモーネは
昔音楽活動をやっていた母親がドラッグの過剰摂取で死亡。
母と一緒にデュオを組んでいたカルロッタに引き取られたものの
結局二人は別々に里子に出されます。
里親を転々とする中で、自分はスターになると決意したスターは
インスタで知り合ったNYの金持ちのお嬢様のアレクサンドラと
音楽活動を始めることにします。
里親の家を飛び出したスターは里親の斡旋所で
どこにいるかわからないシモーネの居場所を聞き出し
資料をもとに探しに行くと
シモーネは里親の虐待を受けていました。
家に入り込んだスターは妹を救うためにナイフを持ち出し
シモーネの養父を刺し、二人は逃走します。
さらにアレクサンドラと合流してカルロッタの住むアトランタを目指します。

姉妹は苦労して生きてきましたが
アレクサンドラの父は有名ミュージシャン。
実際にレニクラがそのまんま父親になっていたのに驚かされますが
アレクサンドラは父のことを秘密にしていました。
カルロッタは教会でゴスペルを歌い
見事な歌唱力に圧倒されましたが
演じていたのはQueen Latifahで
これも当然でしょう。
三人はカルロッタの経営する美容室で働きながら
デビューの足掛かりを見つけます。
カルロッタの娘(もとは息子だったけど性転換したそうで)のコットンが
ストリップクラブでスターに引き合わせてくれたのが
かつて母のマネージャーを務めていたジャヒル
なんとL&Oのカーティスがすっかり渋くなって登場です。
3人はパーティーの余興で歌を披露し
成功が期待されますが…

この世界は当然厳しいし
しかもスターは犯罪者ですから
いつまで逃げ切れるのかも不安。
養父は病院で目覚めてましたからね。
ハラハラしつつも彼女たちのパワーと歌声が
元気を分けてくれるのかなと
この先のサクセスストーリーを楽しみにしています。

Chicago Med S1-#15 「契約」

相変わらず厄介な病状ばかりで…

ものすごい腹痛と吐き気で運ばれてきた16歳の少女は
父親がヘロインの依存症なので
父親のようになることを恐れて薬の使用を一切拒みます。
気持ちはよくわかるけれど、このままでは胃カメラを入れられず
でもまずはのどのスプレーだけで胃カメラを入れますが
予想通り苦痛がひどすぎて検査ができませんでした。
マニングは父親に事情を説明して許可を取り
少女は嫌がるものの麻酔を使って胃カメラを使用します。
せっかく調べたのにどこにも異常はなし。
そのうち今度は少女に幻覚が見えてのたうち回ることに。
精神的な要因があるかもとチャールズもかかわりますが
実は遺伝性の病気で炭水化物を取ることで症状が抑えられるそうで
ダイエットしたくて食事をサラダにしたら腹痛に見舞われたことが判明します。
そんな病気もあるんだ。
父親と共に原因がわかってよかったけれど
チャールズが父親に声をかけた
依存症の人のためのプログラムに
彼が参加できるかは微妙です。

チョイが担当したのは妊娠32週で運ばれてきた妊婦。
出血しているのは胎盤剥離の可能性があるからで
今処置しないと母子とも危ないので早期出産を勧めますが
彼女はまだ早すぎると拒否をします。
理由は彼女が代理母で
彼女に出産を依頼した両親が
健康な子供を産んだ時にボーナスを出すと契約をしていたからです。
もし希望にそぐわなかったら
ボーナスどころか子供を引き取る気もないらしい。
代理母をあっせんしている会社の担当者にグッドウィンは文句を言いますが
契約だから仕方ないと相手をしてもらえません。
一方妊婦の方は自分の子供たちを保護施設に入れていますが
とてもこの生活は耐えられないと
そのためのお金が必要でした。
だけどお金のために拒んでいたら命が危険です。
ここはマニングは母親としてアドバイス。
意地を張っていたら子供たちが母親を失ってしまうと説得し
妊婦は出産を決意。
子供も無事に生まれますが、
担当者は契約違反だからと引き取りを拒否してきます。
するとグッドウィンがお怒り。
まるで人身売買だと…本当にその通りです。
こうやってグッドウィンがヴァンビューレンモードになった時は
是非裁判に持ち込んで
シカゴのマッコイさんなどに活躍してもらいたいのですが…

ハルステッドが担当した男性は高校時代の友人。
連れてきた兄もハルステッドのことをよく知っていて
ハルステッドはいじられ系だったのかな。
ハルステッドは弟の高校時代のことをよく知っているから
頭に血栓ができると命にかかわると警告しますが
兄はハルステッドのことを信用しません。
ついには担当医を変えることにしてしまいます。
すると弟は急変し、緊急手術をすることに。
その対応を聴いてハルステッドは意見しに行き
兄はハルステッドを医者として認めますが
弟を引き受けた指導医はお怒り。
ハルステッドもまだ研修医だったんですね。
それにしては勝手なことをやり過ぎというわけで
一難去ってまた一難って感じだけど
これでいいのかな。

セクストンはアスリートのパパといい感じ。
そしてローズは妹と和解し
食事に誘うためにデパートへ行きます。

Medはあと3話で今シーズンおしまいなんですね。
FireやP.D.は休みなくガンガン進んでいますが
Medはいったんお休みになるのが寂しい気もします。
というか本当に一休みで、次シーズンが来るのかちょっと不安…
確約がほしいですね。

Downton Abbey S6-#9 「誠意の告白」

バーティーと別れたイーディスは
マリゴールドと共にロンドンへの移住を決意します。
イーディスがロンドンへ行くとロザムンドからホテルでのディナーの誘いがあり
イーディスが向かうとそこにはバーティーが待っていました。
二人を再会させたのはメアリーの計らい。
バーティーはイーディスを諦めきれず
バーティーの熱い思いを聞いているうちに
イーディスももう一度やり直すことを決意します。
マリゴールドの件についてぺラム夫人が文句を言えば
バーティーは親子の縁を切る覚悟でした。

イーディスの報告を聞いてロバートは大喜び。
早速両親で侯爵家を訪ねに行きますが
ぺラム夫人は屋敷と領地を維持していくために
イーディスにもそれなりのマナーを要求してきました。
イーディスはその場ではマリゴールドのことを話せません。
だがロバートらが戻った後
イーディスは意を決して娘のことをべラム夫人に告白します。
当然夫人は気分を害しますが
バーティーが母親にどのような態度をとるのか
イーディスの運命にかかわってきます。

ヘンリーはチャーリーの事故もあって
カーレーサーを辞めるつもりでした。
ダウントンの近くで何か仕事はないかと考えていますが
ブランソンと共に新たな仕事を見つけそうです。

カーソンが手が震えるようになり
給仕に支障をきたし始めます。
ヒューズは医者に見せるよう勧めますが
カーソンは父も祖父も同じ症状が出たと言いながらも
医者に行くことを拒みます。

トーマスが屋敷を去る日が来ました。
ロバート自ら、そしてメアリーやジョージもトーマスに感謝し
使用人たちも別れを告げます。
いろいろなことがあったけど
立派に成長しました。
最後にバクスターにかけた言葉も前向きだったし。
新しい職場はこじんまりとした屋敷で
トーマスには物足りなそうですが。

モールズリーには
教師の宿舎に空きが出るので
そちらに越さないかという話が来ます。
ダウントンが忙しい時には手伝いに来ることにして
モールズリーも屋敷を離れることにしました。
下の階はどんどん寂しくなってきます。
ついでにスプラットもイーディスからコラムの仕事を請け負いますが
事情を知らないデンカーは
スプラットが何をしているのかすごく気になっています。

アンディはデイジーのことが気になるけど
デイジーはアンディに興味なし。
でもウィリアムの時もそうだったと
デイジーはパットモアに指摘されます。
アンディはメイソンの家で熱心に働いているし
いずれデイジーと結ばれるのが順当では?

アメリアが突然イザベルに結婚式への招待を断ってきて
イザベルはその理由が気になりマートン卿に尋ねると
マートン卿は悪性貧血で
先が長くないことをイザベルに伝えます。
イザベルは友達でいることを確認し
マートン卿が医者に行くときも付き添いますが
それがアメリアには気に食わないようで
イザベルを締め出します。
イザベルはバイオレットに相談し
二人で行動に出ることになりそうです。

今回は本来は2時間枠でのクリスマススペシャル。
本国ではクリスマスのオンエアでした。
再来週(一週お休みなんですね)の後半が
まさにクリスマスエピとなるようで
クリスマスエピに不幸が訪れるわけがない。
(でもイギリス人は多少へそ曲がり?)
きっと素敵なフィナーレが待っていると思います。
最後をじっくり楽しみたいです。

Chicago P.D. S2-#8 「ダイヤの行方」

ドーソンはアッシャーのボディーガードの副業を継続中
車を運転しているとアッシャーにたばこを買って来いと言われ
車を離れたすきにアッシャーは何者かに殺害されます。
ドーソンが車から離れていた時、長髪の男が近づいたことは確認できましたが
何者なのかは不明。
ドーソンは事件に巻き込まれてしまいますが
アッシャーは不正にダイヤの取引を行っていた要注意人物と判明
何故彼にかかわっていたかを追及されることになり
ドーソンの立場はますます危なくなってきます。
ボイトはオリンスキーに頼んでドーソンの書類の書き換えを開始。
ドーソンは仕事を斡旋したローマンを恨みますが
ローマンもアッシャーの素性を知らないままでした。
ローマンが事情に通じていることもあり
ローマンは制服を脱ぎ、二人で犯人捜しを始めます。
まず怪しいのは元セックスクラブで働いていたレイラ。
バージェスとアトウォーターが久々にコンビを組み
レイラの張り込みをします。

アッシャーの宝石がなくなっていることがわかり
持ち込まれた先の宝石商にドーソンとローマンが近づくと
宝石商は店内のバリヤーの中に隠れてしまいます。
でもローマンは知り合い(怪しい知り合いが多いようで)の手を借りて
バリヤーを破壊して宝石商を確保。
アッシャーのところから持ち込まれたダイヤを調べたら
偽物にすり替わっていたことが判明します。

一方アッシャーに近づいた男がセックスクラブにいたことから
情報を得るためにハルステッドとリンジーが
クラブに潜入することになります。
ルゼックも立候補したけどやらせてもらえず
やはり大人のセクシーな雰囲気が出せるのはハルステッドでしょう。
(そしてきっと兄には無理だよね…苦笑)
潜入した二人はバーテンを捕らえて口を割らせ
問題の男の情報を聞き出します。
やはりレイラがアッシャーの金を狙っていましたか。

宝石商と問題の男が金の受け渡しのために会うことになり
ドーソンとローマンが張り込みますが
男は二人に気づき銃を抜いてきます。
危険な状況の中で男を確保しますが
レイラはすでに高跳びの準備をしていました。
逮捕令状も間に合わず。

オリンスキーが作成した書類によると
ドーソンは9か月もアッシャーの捜査にかかわっていたことになり
ボディーガードも覆面捜査の一環だとか。
内務調査がどこまで信じているのか謎だけど
書類がそろっていればそれでいいのかな。
いつでも灰色な特捜班です。
さらにコット(という名前だったんですね)がリンジーに
特別捜査官にならないかとしつこく打診してきます。
リンジーの能力を高く買うとしても
今回のような特捜班での潜入には
リンジーの存在は大事かも。

今回はドーソンの活躍が随所で観られてよかった。
スーツ姿も刑事らしいよね。
ってHomiのときはスーツ着てたと思うけど(笑)
そしてローマンもなんだか訳ありだよね。
制服警官のままで終わりたいというこだわりも気になります。